<卓球×書き初め2019 #1>森薗美月(木下アビエル神奈川)が選ぶ今年のキーフレーズ | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.01.01

<卓球×書き初め2019 #1>森薗美月(木下アビエル神奈川)が選ぶ今年のキーフレーズ

*写真:森薗美月(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

その愛くるしいルックスと実力で人気の森薗美月選手が選んだ今年のフレーズは「たのしい」。Tリーガーとなりキャリアの転機となった2018年は自分らしくプレーを楽しみ、そのおかげで成長できた1年だったと振り返る。また22歳の現在、オンとオフをうまく切り替えて一度しかない人生を楽しめているという。

そして2019年のテーマは「自由」。全てにおいて自由な発想で生きていける人生を理想としているという森薗美月選手。卓球のプレーも正統派で基本に忠実な印象があったが、型にはまることなく、自由な発想で相手の意表をつくプレーをし、チャレンジし続けたいとのことだ。

クイズ王・水上颯さんの書き初めを見守る森薗選手

クイズの世界で頂点を極める水上颯さんとの交流も刺激になったという森薗美月選手。2019年もその自由な発想と、底抜けに明るいキャラクターで、さらなる活躍に期待したい。

文:ラリーズ編集部

コメント
0