1球で仕留めた田添健汰のペットボトルチャレンジ 「筋トレの成果」と水谷隼も称賛 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:田添健汰(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

卓球×SNS 1球で仕留めた田添健汰のペットボトルチャレンジ 「筋トレの成果」と水谷隼も称賛

2020.08.06 文:ラリーズ編集部

卓球日本代表の水谷隼(木下グループ)が3日、自身のTwitterにチームメート田添健汰のスーパープレー動画を掲載した。田添は、飲料が満タン入った500mlペットボトルを卓球台の端に置き、威力満点のドライブ1球で打ち落として見せたのだ。

>>「福岡から世界へ」早田、岸川ら生んだ日本卓球界“虎の穴”<石田卓球クラブ>

田添健汰のペットボトルチャレンジ

日本リーグペットボトルチャレンジに田添が挑戦

これは日本卓球リーグの松平賢二(協和キリン)が主導で行っていた「#日本リーグペットボトルチャレンジ」だ。台からはみ出ないギリギリに設置したペットボトルを対下回転ドライブで打ち落とせるかというこの企画、お手本を披露した松平は11球で撃ち落としていた。

田添は、木下マイスター東京からTリーグに参戦しているが、日鉄物流ブレイザーズのゴールド選手(他所属からレンタルすることができる日本リーグの制度)として日本リーグにも参戦しており、この企画に乗っかった形だ。


写真:田添健汰(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

500mlのペットボトルを1球で打ち落とし、雄叫びを上げた田添は、続いて1リットルのペットボトルにも挑戦。12球中11球を命中させ、見事1リットルのペットボトルも打ち落とした。

これには水谷も「日々の筋トレの成果が発動されました」と称賛のコメント。パワーと精度を両立した田添の実力が垣間見えるワンシーンとなった。

田添健汰のインタビューはこちら

>>田添健汰「人生が変わった」 水谷からの運命のLINEとは

>>「張本が本当にすごいのはトーク」田添健汰が常勝軍団を分析

田添健汰の試合動画

男子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt