両選手の特徴

ミックスダブルス全日本チャンピオン・世界選手権ミックスダブルス・ベスト8の田添選手はシングルスの能力も申し分ない実力者です。ストップ・フリック・チキータ・カウンター・中陣での打ち合いと全てをこなせるスーパーオールラウンダーです。

対するは、長崎県鎮西学園高校で青森山田卒業生の坪口コーチ、垣原コーチに鍛えられた福田選手。軽快なフットワークとフォアハンドの強さを持った好選手です。

見どころ

多彩な技術を持つ田添選手に対し、ボールに喰らい付く福田選手の試合は、好ラリーが期待できる楽しみな試合です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム10対10の場面
熱くなってしまいそうなこの場面でも田添選手の冷静な判断は見事です。福田選手のストップレシーブがほんの少し台から出たのを見逃さず、クロスではなく、ストレートにドライブをしています。クロスだと待たれてカウンターを打たれる可能性がありますが、質の高い低いドライブをバックに打ち福田選手のバックブロックをクロスに誘っています。

板垣’s EYE

福田選手も持ち味のバックブロックからのフットワークを生かしたフォアハンドで対抗しましたが、ストップレシーブやハーフロングボールを見逃さない田添選手の試合の旨さに僅差で敗退してしまいました。

田添選手は流石の試合運びでした。福田選手も細かい技術のレベルアップができれば、次回の対戦は接戦になると思います。

試合情報

選手名:田添 健汰(専修大学)vs 福田 修也(日本大学)
大会名:2017全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部 5回戦
大会種別:国内、個人、シングルス
試合結果:田添4-0福田

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする