両選手の特徴

全日本ジュニアチャンピオン、そして全日本選手権男子シングルス準優勝という輝かしい実績を誇る吉村選手。私のチームであるクニックスホーフェンでも2016−2017シーズンにプレーし「ヨシ」のニックネームで町の人々から本当に愛された選手です。持ち味の「キルバックハンド」一振りでラリーを終わらせるバックハンドは日本人離れした得点能力を持っています。

対する及川選手は元全日本ジュニアチャンピオンです。粘り強いフットワーク、打球点を変えながら相手を振り回すバックハンドなど、死角のない卓球スタイルの及川選手。2015年からドイツブンデスリーグTSVクニックスホーフェンでプレーし,2017年は1部リーグに挑戦中です。

見どころ

両者ともに私のクラブ(クニックスフォーヘン・ドイツ)でプレー経験のある選手です。高校までは吉村選手に分がありましたが、大学生になってからは及川選手が勝ち越しています。

実力伯仲の両選手。試合の結果は予想もつきません。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第2ゲーム5対5の場面。
吉村選手の強烈なチキータを外すために及川選手も長いサーブを使ってきていますが、この試合での吉村選手の集中力は凄まじく、長いサーブに対してのレシーブミスが殆どありません。

この場面ではフォアへの長いサーブでチキータを外されますが、体をしっかり使ってフォアドライブ。以後のポイントではバックへの長いサーブに対し、瞬時に半歩さがってのバックドライブ。素晴らしいです。

長いサーブが効かなくなれば、当然ショートサーブの確率が高くなり、得意のチキータを発揮できます。見事です!

板垣’s EYE

及川選手の方が長いサーブに対しレシーブミスや入れただけのレシーブを一撃で決められてペースを乱してしまいました。

吉村選手のキレのある両ハンドが目立った試合ですが、及川選手のサーブレシーブが安定してくれば、もちろん次回の結果はわかりません。

試合情報

選手名:吉村 和弘 (愛知工業大学)vs及川 瑞基 (専修大学)
大会名:2017全日本大学総合卓球選手権大会・個人の部 6回戦 準々決勝
大会種別:国内、個人、シングルス
試合結果:吉村4-0及川

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

【推奨】YouTubeの環境設定について

再生動画の画質は、原則としてインターネットの環境設定に左右されます。
通信が安定するまでの間、画質が粗いケースがございますが、通信が安定したタイミング(10秒〜数十秒後)に画質が改善されるケースがございますので、暫時お待ちいただくことをお勧めします。

通信が安定した状況化にて再生動画の画素が粗い場合には、動画再生ページの右下「設定」ボタンより、「1080p(HD)」を選択いただくと、画質が改善される可能性がございますので、お試し下さい。

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする