【今日の1試合】下山 優樹(専修大学)vs遠藤 竜馬(明治大学) | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
MOVIE
動画
2018.01.31

【今日の1試合】下山 優樹(専修大学)vs遠藤 竜馬(明治大学)

両選手の特徴

青森山田で森薗選手と同年代の下山選手。大学生活4年目に名門専修大学の主将として活躍しました。派手さはないもののタイミングの早いプレーに粘り強さを織り交ぜる選手です。

対するは、名門・野田学園のレギュラーとして活躍した遠藤選手。明治大学1年生ながら大事な一戦のラストを任されます。キレのある両ハンドドライブが武器の好選手です。

見どころ

優勝候補同士の明治大学対専修大学の一戦は土壇場のラスト勝負にもつれ込みます。果たして勝利の行方はどちらに?

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第3ゲーム下山選手10対9の場面
8対2と大きくリードしたこのゲームを取りたかった下山選手。難しい判断でした。フォア側から出すYGサーブに威力があり、第3ゲームを大きくリードしますが、最後にバックからの横下回転を正確にストップされてしまいました。フォアから出すYGロング、YGフォア前が効果的だったので、このどっちかのSVを出すか、ハーフロングサーブを出してストップをさせず得意の速いバックハンドに結びつけるか、得意を生かしながらほんの少しサーブの落とす場所だけを変えれば結果が違っていたと感じます。

板垣’s EYE

遠藤選手のバックハンドは見事です。1球目は緩いバックハンド、時間を稼いで強いバックハンド、フォアストレートへのドライブは野田学園の選手の最も得意な武器です。緩急、コースを織り交ぜたテクニックは流石です。

下山選手も持ち味を発揮した試合でした。テンポの速さからカウンターブロックを生かし得点を重ね勝利目前でした。実力五分の試合は点差が離れても流れが変われば必ず終盤の競り合いになります。

試合情報

選手名:下山 優樹(専修大学)vs遠藤 竜馬(明治大学)
大会名:平成29度関東学生卓球リーグ戦(秋季)
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:下山 1-3 遠藤

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.08.23
世界
日本
1
許キン(中国)
15980 pt
2
樊振東(中国)
15470 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13495 pt
2
丹羽孝希(日本)
10800 pt
3
水谷隼(日本)
10695 pt
女子ランキング
2019.08.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15380 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
石川佳純(日本)
13608 pt
2
伊藤美誠(日本)
12735 pt
3
平野美宇(日本)
11965 pt
SNS
FOLLOW US