【今日の1試合】郡山 北斗(専修大学)vs渡辺 裕介(明治大学)


両選手の特徴

身体能力が高く爆発力のある左腕の郡山選手。全日本学生ダブルス優勝の実績を誇り、当たりだしたら止まらない両ハンドのドライブは相手にとって脅威です。

対するは、高校卓球界の名門、高知県明徳義塾高校で鍛えられインターハイ準優勝の輝かしい実績を持つ渡辺選手。安定した両ハンドドライブと優れたボールタッチで中学時代から数々の輝かしい成績を獲得してきた名選手です。

見どころ

左腕豪打の郡山選手対守りから攻めに転じる渡辺選手の試合は熱い戦いになると思います。両者ともに技術レベルはもちろん、最後まで諦めないプレーをする選手ですので、楽しみな一戦です。

勝負を分けたこの1本

※ページトップと同一の試合動画について、再生開始箇所を調整してお送りします。


第3ゲーム2対2の場面
郡山選手の長所は豪打を発揮するためのサーブの配分の旨さにあります。特に右利きのバックへの速いロングサーブから甘いレシーブを一発で決めるパターンは郡山選手の必勝パターンです。
第2ゲーム7対7から郡山選手は2本ともロングサーブで得点し、第1・第2ゲームを連取しますが、この場面、渡辺選手はロングサーブを見切り回り込んでのフォアドライブ、7対6でも強いバックハンドレシーブで得点します。

結果的に勝負となった第5ゲーム、郡山選手はロングサーブを思い切って使えずショートサーブ中心になり、渡辺選手が落ち着いて台上処理からラリーを展開しました。

板垣’s EYE

見ごたえのある学生界トップ選手の試合でした。渡辺選手が思い切ったレシーブで大逆転勝ちをしましたが、勝敗の行方はほんの少しの試合運びで決まったと思います。両選手ともに気迫あふれるナイスゲームでした。

試合情報

選手名:郡山 北斗(専修大学)vs渡辺 裕介(明治大学)
大会名:平成29度関東学生卓球リーグ戦(秋季)
大会種別:国内、団体、シングルス
試合結果:郡山 0-4 渡辺

映像提供:LaboLive

監修協力:Shakehands

卓球レッスン動画No1/動画でまなぶ卓球 シェークハンズ



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう