【俺の卓球ギア#10】吉村和弘(愛知工業大学)


卓球パーソンのこだわりグッズを紹介する「俺の卓球ギア」。

記念すべき第10回となる今回は、2018香港オープンで初のITTFワールドツアー優勝を果たした吉村和弘選手(愛知工業大学)のギアを紹介する。

吉村和弘の卓球ギア

・ラケット:カルテットAFC
・ラバー(フォア):V>15エキストラ
・ラバー(バック):V>15エキストラ
・こだわり:VICTASのラケットケース
※ギアは2018年5月時点のもの

ラリーズ編集部のコメント

幼少期からフォアもバックも振り抜く「両ハンド」卓球を貫いてきた吉村和弘選手は、特長であるパワーと台上処理のバランスを重視し、ラケット、ラバーにこだわった結果の現在の使用用具にたどり着いた。使用ラケットのカルテットAFCはボールをつかみ、ラバーのV>15エキストラがボールを弾く。このバランスが大事だという。

ショッキングピンクのラケットケースも、自身のテンション、モチベーションを高めるのに役立っている。

撮影秘話

撮影当日、撮影地の渋谷(T4 TOKYO)に颯爽と現れた吉村和弘選手は存在感があり、通行人やT4 TOKYOに遊びに来ていた外国人観光客がパシャパシャとスマホで撮影していった。撮影後にはT4 TOKYO 1FのダイニングバーRALLY TABLEでパスタを食べながら、ブンデスリーガ時代のファンとの一体感のある試合会場について楽しそうに語り、「日本の卓球の応援文化も変えたい」との思いも口にしてくれた。吉村が日本の卓球シーンを変えてくれる日も近いかもしれない。

吉村和弘 関連記事

【インタビュー#1】鬼のオヤジに兄・真晴。卓球一家で生まれた和弘の卓球人生の幕開け
【インタビュー#2】
【インタビュー#3】
吉村和弘(愛工大)悲願のワールドツアー初優勝【ITTFワールドツアー・香港オープン男子最終結果】
【シリーズ/徹底分析】吉村和弘が韓国選手の勢いを封じた2つの作戦とは【香港オープン2018男子シングルス決勝】
吉村和弘が突然のチキータ披露 練馬の卓球少女が大感激

吉村和弘 関連動画

【今日の1試合】森薗 政崇(明治大学)vs吉村 和弘(愛知工業大学)
【今日の1試合】レシーブが勝負を分けた 吉村 和弘 (愛知工業大学)vs及川 瑞基 (専修大学)
【今日の1試合】多彩な両ハンド対決 吉村 和弘(愛知工業大学)vs渡辺 裕介(明治大学)

(他の選手の卓球ギアはこちら。)

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

この記事のURLとタイトルをコピーする