「体育館から卓球場へ」P4MATCH開発者に聞く、コロナ禍で700大会開催をサポートした方法 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真提供:P4MATCH

卓球×インタビュー 「体育館から卓球場へ」P4MATCH開発者に聞く、コロナ禍で700大会開催をサポートした方法

2021.08.21 文:川嶋弘文(ラリーズ編集部)

コロナ禍で各地の卓球大会中止が相次ぐ中、代わりに活況となっているのは地域の卓球場が主催するミニ大会だ。

新型コロナウィルスの感染拡大が本格化した2020年3月以降、オンライン大会運営システムP4MATCH(読み:ピーフォーマッチ)を利用した卓球大会は全国で700大会ほど行われ、のべ12137人の卓球愛好家が試合に出場しているという。

卓球大会にはいわゆる公式戦だけでなく、オープン戦と呼ばれる年齢問わず気軽に参加できる大会がある。このオープン戦が愛好家の活躍の場としてプレー人口を支えてきた歴史がある。

今回は、卓球大会運営システムの開発を通じて、約7年間に渡って卓球のオープン戦の現場に携わってきた塚原清文さん(P4MATCH開発者)とともに、今後の卓球大会のあり方について考察した。

P4MATCHとは


オンラインで大会エントリー・決済から当日の進行までワンストップで提供するWEBサービス。現在利用者は約1万人。大会主催者は大会参加費の一部をシステム利用料として支払うことで利用ができる。

>>P4MATCH公式サイト(外部リンク)
>>【P4MATCHとは?】編集部による体験記はコチラ

体育館から卓球場へのシフトが顕著

コロナ禍で卓球大会の現場にはどのような変化がありましたか?

塚原:従来の大会は卓球台20台以上の広い体育館で数百人が集まって朝から夕方まで1日かけて試合を行っていました。ところが体育館がワクチン接種会場になっていたり、そもそも屋内で密になりやすいという理由で貸切利用を禁止している自治体が増えていて、なかなか会場が借りられない状況です。

代わりに全国の卓球場が規模の小さいオープン戦を主催するケースが増えています。P4MATCHを利用いただいた事例だけでもコロナ以降で693大会が開催されています。残念ながら中止となった大会も約200大会ありましたが、それでも多くの卓球場が愛好家の活躍の場を用意して、卓球を盛り上げていることを日々数字を見ながら実感しています。


東京・水道橋のシェークハンズ卓球場ではプロジェクターを使い、ペーパレスで大会運営を実現。写真は2016年当時のもの

これまでの大会との違いは?

塚原:多くの卓球場では卓球台が3台から5台程度で、10人から20人ぐらいの規模で大会を主催しています。1日がかりではなく、3〜4時間で1人4試合か5試合して帰るというケースが増えていますね。

実は大会の満足度は大会の規模とはあまり関係が無いんです。自分の近いレベルの人と沢山試合ができれば満足度は高いので、それをP4MATCHのシステムで実現できるようにしています。

オンライン完結で大会運営


対戦相手と審判、コートが自動で割り振られる

P4MATCHのシステムについて簡単に教えてください。

塚原:スポーツ大会を効率良く運営するためのWEBサービスです。大会参加者はオンラインで試合にエントリーし、当日は自分のスマホの画面で組み合わせや進行が確認できます。強さを表すレーティングを導入しているので、自分と近いレベルの相手と沢山試合が出来る点が好評を頂いています。

運営側のメリットは?

塚原:大会運営がとにかく楽です。

私もP4MATCHを使って1人で140人規模の大会を主催しましたが支障はありませんでした。しかも自分も試合に出ながら、運営ができました。500人規模の大会でもご利用頂けます。

対戦カードに加えて審判もシステムが自動で決めてくれますし、審判がスマホでスコアを入力できるので、大会本部の仕事がほぼ無いんです。

試合形式もリーグ、トーナメントにくわえて予選リーグ+トーナメントという形も可能です。また団体戦も1W4Sと1W2Sペアマッチの2種類が対応しています。オープン大会以外でも部活やチーム内の試合で利用頂くことも可能です。


現在は1W4S団体戦と1W2Sペアマッチが対応しており、オーダー入力もスマホで完結。オーダーミスになる組み合わせは入力できないよう制御されている。個人対戦成績もオーダーの対戦部分をタップすることで確認ができる。

最近の傾向などはありますか?

塚原:コロナ前はリピーターの方が多かったのですが、コロナで他の大会が減ってからは、新規の参加者が増えました。今は会員が約10000人いるのですが、今まで参加したことが無い場所での試合に出場される方も増えていますので、卓球を通じた新しい交流が進んでいて嬉しく思っています。

開発の経緯

そもそもなぜこのようなシステムを開発されたのでしょうか?

塚原:私も学生時代に卓球をやっていたり、社会人になって趣味で続けているのですが、大会運営に色々と不満があったんです。申込みが郵送だったり、進行が遅かったり、いつも同じ人と当たったり。この辺はシステムですぐ解決できました。


トライアンドエラーを続け、7年間かけて約10000人の会員を獲得した

自動で組み合わせが生成されるのが大きな特徴だと思います。

塚原:中高生の試合について色々調べていくと、地域によっては特定の学校の先生が作為的に組み合わせを作っているケースもあることが分かってきました。人の手で組み合わせを作ってしまうと、どうしても主観が入ったりミスも起こりやすい。なので公平にするにはどうすればよいかを考えていたところ、アメリカやヨーロッパで当たり前に導入されているレーティングを使えば良いのではないかと。

もちろん完璧な組み合わせなど無いですし、あくまでレーティングは目安ではあるのですが、開発してから7年間で公平性の高い大会が提供できてきていると感じます。

卓球人口を増やすためには

今後の課題について教えてください

塚原:もっと卓球人口を増やしたい。それに尽きます。コロナ前の2019年の日本卓球協会登録人口を見ると全国で約18万人の中学生が登録しているのですが、これが高校生になると約8万人に減ってしまっているんですね。

半数以上が辞めてしまうのには、色々な理由があるのですが、1つは勝てなくて面白く無いというのがあると思うんです。トーナメントだけの卓球大会だと100人いたら50人が1回戦負け。25人が2回戦負け。つまり75人は2回戦までで負けてしまって勝ち越せないんですね。これでは面白くなくて辞めてしまうのは無理も無いと思うんです。


P4MATCHのランク分布図。どのランクでも楽しめるようにすることを意識しているという。

競技である以上、勝負も大切ですが、普及のためにはナンバーワンを抽出するための大会だけでなく、過半数が楽しめる環境を用意することも大切です。そういう設計思想のもとP4MATCHは開発を続けていきます。

現在も試合で負けた人同士が対戦していくようなアルゴリズムを組むことで、全敗で帰る人を極力少なくしています。

どうすればこの仕組みがもっと広がりますか?

塚原:卓球大会運営をボランティアではなく、ビジネスとして取り組む人を増やすことだと思います。

全国の卓球大会の多くは、卓球普及への思いが強い熱心なボランティアの方が主催してくださっています。とてもありがたい反面、この仕組みが将来もずっと続けられるのかを考える時期に来ていると思います。

打開策の一つとしては卓球をビジネスとして行っている各地の卓球場や卓球ショップを起点にすべきです。

具体的には卓球場の稼働率を上げたり、新規集客のために大会を積極開催していくのが一番理にかなっていると思います。空いている2台を使って10人の大会を開催すれば参加費2000円で2万円の売上になるうえ、そこから1人でも2人でも生徒になれば一定の売上が見込めます。コーチも大会に参加すれば、出場者は対戦できて嬉しいし、試合を見ているのでレッスンで正しい指摘が出来るため指導の質も上がると思います。

卓球ショップの場合は、大会参加者の試合前後の用具交換ニーズに応えることができるので、非常に相性が良いと言えます。

また将来的には大会を主催する地域の卓球連盟が、地元の卓球場や卓球ショップに大会運営を外部委託するというスキームができると、全国各地の卓球がより活性化されるのではないでしょうか。

編集後記

人気のインタビュー企画「卓球仕事図鑑」第8回はP4MATCH塚原社長をインタビューさせていただきました。

「公式戦の合間にオープン戦に出て、試合経験を積む」
「仲間たちとオープン戦の団体戦に出て、試合後に反省会で飲みに行く」

そんな卓球愛好家たちの日常が奪われつつある中、塚原さんはコツコツと全国の卓球場に声をかけ、オープン戦の活性化を日々継続しています。

また「全国の卓球場やショップを卓球普及の起点とすべき」との力強い提言の裏には、卓球大会の現場を誰よりも見てきたという自負が感じられ、我々ラリーズ編集部も刺激を頂きました。

関連記事

>>P4MATCHがラージボール卓球に進出 より幅広い利用者層狙う

>>あなたは日本で何番目に卓球が強い?ラボライブの新レーティング大会参戦記

P4MATCH利用に関するお問い合わせ

・公式サイト
https://p4match.com/

・メールアドレス
support@p4match.com

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt