「ナックルサーブ強すぎ!」卓球をリアルに再現しすぎたカードゲーム「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」が楽しすぎた | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」/提供:YouTube「ボードゲーム研究所」

卓球インタビュー [PR] 「ナックルサーブ強すぎ!」卓球をリアルに再現しすぎたカードゲーム「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」が楽しすぎた

2022.11.23

取材・文:和田遥樹

卓球プレーヤーなら一度は感じたことがある(はずの)疑問「ナックルサーブって強くない?」

下回転サーブだと思ってツッツキをすると、ボールはネットのはるか上空へ舞い上がり、数秒後には返球不可能なほど強烈なスマッシュやドライブとなって返ってくる。

特にバック面に粒高ラバーを貼っている私にはとても他人事とは思えない。いったいこれまで何度、ナックルサーブでカモにされてきたか…(「お前の実力不足だろ」というド正論は求めていない)。

そんなナックルサーブの破壊力とリアルな卓球の臨場感をゲームで再現したのが、卓球カードゲーム「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」だ。


写真:「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」/提供:大興印刷株式会社

今回は「Serve&Rally」を販売する大興印刷株式会社の山下実さん、ゲームデザインを担当した橋本高志さん、アートデザインを担当した渡邊まなさんのお三方に話を伺った(取材:和田遥樹)


写真:左から渡邊まなさん、橋本高志さん、山下実さん/提供:大興印刷株式会社

ナックルサーブ強すぎ問題

――このゲームの特徴や魅力は何でしょうか?

橋本:シングルスとダブルスの2種類の遊び方があるんですけど、シングルスでは「テンポよく遊べる」ところが大きな魅力だと思っています。

実際の卓球のラリーが続くテンポで遊べるようにゲームを作れたので、そこが魅力の一つかなと。


「サーブアンドラリー」は手札のレシーブカード(ストップやチキータ)をひたすら出し合い、カードを出せなくなったら相手にポイントが入る/提供:YouTube「ボードゲーム研究所」

あとは、ダブルスになると急にパーティーゲームみたいになって、ワチャワチャ楽しめるのも魅力ですね。

――シングルスとダブルスでは、どちらがおすすめですか?

山下:難しい質問ですね(笑)

シングルスだとひたすら無言で相手に勝つためだけにプレイするっていう遊び方になる人が多いんですよ。

本人たちは面白いんでしょうけど、傍から見てたら「それ面白いのか?」っていう感じになるじゃないですか(笑)

それに対してダブルスは、ポイントを取られたら急に人のせいにしたりとか、「俺のおかげで点取れたな」「いや、お前全然何にもしてへんやんけ」とか、そういうパーティー的な盛り上がりができます。

――シングルスに関して実際にプレイした率直な感想は「ナックルサーブ強すぎじゃね?」でした(笑)


ナックルサーブは基本的に「ブロック」のカードでしかレシーブできない


「ブロック」を出すと、出せば得点になる「スマッシュ」のカードを出される危険性がある

山下:そうですね(笑)ただ、何回も「ナックルサーブ」のカードを使うと、「ナックルサーブ来るな」って逆にわかっちゃうんですよね。

なので、そこで相手のカードの読み合いも発生するので、ゲームとしては十分に成り立っています。

――あとは、「エッジ」が最強ですね(笑)

山下:それもあります(笑)


「エッジ」は「スマッシュ」以外のあらゆるカードを打ち返し、必ず自分の得点とする最強のカード/提供:YouTube「ボードゲーム研究所」

現役の卓球部顧問が監修

――ゲームの開発で苦労した点などはあったんでしょうか?

橋本:一番はやはり「テンポ」ですね。

実際に試作段階では、サーブやレシーブの回転を重視しすぎてテンポが生まれないゲームを作ったりしてたんですよね。

「1球打つのに1分かかる」みたいな(笑)

――それは卓球とはかなり離れたゲームですね(笑)

橋本:あとは、渡邊さんのご主人が卓球部の顧問で、弟さんがゲーマーということで、お二人からの意見とご指摘が毎回大量に来ていまして(笑)

渡邊:そうですね(笑)かなり毎回無理難題を言ってて、「この回転にはこのレシーブで返せないんでこうしてください」とか。そこらへんもだいぶ盛り込んでいただいたので、橋本さんにはかなり苦労していただいたと思います。

橋本:そうですね、実はその辺はかなり苦戦しました(笑)

渡邊:すいません(笑)

山下:僕はその様子を傍から見ていただけなんで(笑)「(いろんな意見)飛んで行ってるな~」って(笑)

卓球初心者でも経験者でも楽しめる!

――ちなみに、このゲームの攻略ポイントなどはあるんでしょうか?

山下:サーブカードを決めるときから、自分の手札のレシーブカードを見て決めるのがポイントですね。

初心者の方は難しいかもしれませんが、ある程度上級者になってくると、自分のレシーブカードを見てサーブカードを決めたり、考えながらプレーできるようになるんで、そこがコツですね。


ゲームでは様々なカードを使用する/提供:大興印刷株式会社

渡邊:「この回転を出して、この回転で返ってくるから、スマッシュ打てる」とかが実際の試合でもあると思うんですけど、そんな実際の試合でも使える戦術をカードに落とし込んでいます。

なので、そういった戦術の組み立てが上手くできる人は、上手にプレーできると思います。

――そういった部分もゲーム性が高いですよね。卓球未経験者でも、いちゲームとして楽しめると思いました。

山下:卓球は「温泉卓球」に代表されるように未経験者でも楽しめるし、極めていけば高度な戦術を考えたプレーができるスポーツじゃないですか。

それは今回の「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」でも同じです。初心者でも遊べるし、上級者でも楽しめるっていうのは、このゲームの良いところかなと思います。

「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」の購入はこちら!


写真:「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」/提供:大興印刷株式会社

■商品名:「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」
■価格:2000円(税込み)
■ゲーム説明
・プレイ人数:2人 or 4人
・プレイ時間:30分
・対象年齢:10歳以上推奨

>>「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」の購入はこちら

「Serve&Rally(サーブアンドラリー)」のプレー動画

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt