「2つ同時に全力で」副業の卓球で得た"意外な相乗効果"とは | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

卓球インタビュー 「2つ同時に全力で」副業の卓球で得た“意外な相乗効果”とは

2021.06.30 文:ラリーズ編集部

好きなこと、興味あることは全てやってみる。

そんな生き方を大切にし、大好きな卓球を副業に選んだのが池田瑞姫(いけだみずき)さんだ。

池田さんは現在、ウェディング事業を展開する株式会社CRAZYで正社員として働きながら、副業で国内最大の卓球スクールTACTIVEのインストラクターとして活動する。

ウエディングと卓球という、一見交わることのないように見える2つの分野で働くことで得られた相乗効果とは?池田さんに好きな卓球を副業にすることのメリットについて聞いた。

「1つだけ」より「2つ同時に全力で」


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

池田さんが卓球を始めたのは中学生のとき。「消去法」で卓球部を選んだことがきっかけだった。

「運動部に入ることは決めていたのですが、バスケやバレーって小学校の経験でヒエラルキーがあるじゃないですか?そこに混ざりたくなくて(笑)。するとソフトテニスかソフトボールか卓球だったんですね。日焼けが痛くなるタイプだったので、卓球にいきつきました(笑)」。

ゆるやかな卓球部生活を送っていた池田さんに転機がおとずれたのは、中学2年生のとき。全国大会出場校から異動してきた教師が卓球部顧問になり、卓球漬けの日々を送るようになった。みるみると実力をつけた池田さんは、その年に全国大会出場も経験。「中高のあの経験がなければ、人間的にも成長できなかったなと思います。恩師には感謝しかないです」。

国立大学法人徳島大学総合科学部を卒業。その後、大学院に進学した池田さんは、wellness(ウェルネス)を専攻に研究活動に取り組み、スポーツ教育やキャリア教育、語学教育など、幅広い教育について学びを深めた。「どういう活動が人間の発育・発達に影響を与えるのか、運動や食事、身体活動が総合的健康に与える影響などについて研究していました」。


写真:学生時代に研究成果を発表する池田瑞姫さん/提供:本人

そして、大学院生活と並行して、現職であるCRAZYの大阪支社でインターンとして働いていたという。「月火に大学院の授業を固めて、水〜日曜日は大阪のオフィスに出社して、スタッフの採用や研修、マネジメント、結婚式の施工をして徳島に戻るという生活を1年半くらいしていました」。

池田さんは「学生時代に1つのことだけに集中しようとするよりも、2つを同時に全力で進めた方がメリハリがついてうまくいくタイプだと気づいた」と自己分析する。

大学院卒業後はインターン先にそのまま新卒入社。入社3年目を迎えた今は、マーケティング室プロデューサー・プロダクトマネージャーとして活躍している。

卓球を副業にしたきっかけ


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

池田さんが副業を考えたきっかけのひとつに、新型コロナ感染症の流行があった。水泳で利用していた施設が利用できなくなってしまい、偶然久しぶりに卓球をしたら意外にも面白く、再開したくなったのだという。「でも、どうせやるなら、体を動かしながら人のためになることをしたいなと思って。あと、当時は趣味も特になかったので、『ちょっと違うことしてみたいな、人生』という思いもありました(笑)」

卓球での副業を考えたときに、まっ先に思い浮かんだのが、大学時代に読んだタクティブの記事だった。当時、卓球スクールといえば、個人オーナーの卓球場やクラブチームでの活動が主流だった中で、タクティブは多店舗展開を通して卓球の普及に力を入れていた。その様子は、記事やニュースに取り上げられることも多かった。


写真:卓球スクールTACTIVE自由が丘本店/提供:タクティブ

記事を読んだときの印象を池田さんはこう語る。「卓球ブーム到来とはいえ、6年前はまだ卓球=ダサいみたいな空気がありましたよね。そんな中で、卓球で多店舗展開を目指すって純粋にすごいなと。面白いチャレンジだなと感じました」。

同時に、タクティブに企業としての魅力も感じたという。「CRAZYもベンチャー企業で、会社ではカルチャー作りや全社会議の運営などにも参加してるので、違う組織や文化を見てみたいという思いがありました。タクティブは、スヴェンソングループという大きな母体があり、『組織や文化がありそう』と感じたので、思い切って飛び込んでみました」。

卓球を介すと「人間対人間になれる」 副業が本業に活きる瞬間


写真:池田瑞姫さん/提供:CRAZY

池田さんの本業は、コアタイムのないスーパーフレックスという勤務形態がとられており、現在は、副業としてタクティブに週2〜3回ほど出勤して卓球インストラクターとしてレッスンを担当している。「タクティブは、週1回以上から勤務を受け付けていて、比較的柔軟にシフトを相談できるので、私のような副業やアルバイトの方でも働きやすいですね」。

現役で卓球をしていた時期から少しブランクが空いているが、そのことについては不安はなかったのだろうか。「(不安は)もちろんありましたよ。どういうお客様がいらっしゃるのか全然わからなかったですし、自分にお役に立てるのかなと。私自身が、割とストイックな環境でずっと卓球をしてきたので、そういった方が来るものだと…。でも、蓋を開けてみると、意外と『卓球で人生を楽しくしたい』という方が多くて、私にもお役に立てそうだと思いました」。


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

また、体を動かしながらコミュニケーションを取ることで、スポーツが持つ健康への効果はもちろん、それ以上の価値を実感しているという。

「学校で出会ったら先生と生徒、会社で出会ったら上司と部下という関係性も、一緒に卓球しましょうという環境で出会ったら、スポーツが共通言語になって人間対人間になれる。スポーツをしながらのコミュニケーションは、立場や役割が限りなく外れて、1対1での繋がりをより感じられると思うんです。それを仕事として経験できることは、とても豊かなことだなと思っています」。

本業のマーケティングでは、社会を概念的に捉えてどういう施策を打っていくかを考えるのに対し、副業のタクティブでは顧客一人ひとりと向き合ってサービスを提供する。とても対照的な仕事だが、副業で顧客やインストラクターと接して多様な価値観・考え方に触れて得た気づきが、本業でマーケティング施策を考える際に役立っているという。


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

逆に、本業の経験が副業で活かされている点もあるのだろうか。

「いろいろありますね。例えば、CRAZYの代表がいつもよく言うのが、『特別なお客様はいない』ということです。『あの人変わってるからこういう対応しなきゃいけない』ということは存在しないのだと。常識の基準は人それぞれ異なるので、お客様とどうフラットに向き合うかが大事。その上で、お客様の発したなにげない一言の奥にある『真のニーズ』を考えることも大切にしています。本業で当たり前に意識している考え方が卓球レッスンにおいてもすごく大事だと感じています」

卓球インストラクターは「ノウハウな仕事」


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

現在は、目の前のお客様をいかに楽しませるかに必死だと話す池田さんだが、今後、副業の卓球インストラクターを通じて実現したいことについて聞いた。

「やればやるほど本当よいサービスだなと思っています。私の価値観のひとつでもある『スポーツが、体の健康だけじゃなく心の健康も作る』ということにリンクしていて、私自身がそれを実感しています。そして、競技を極めるという観点だけじゃなく、やりたいと思ったタイミングで卓球ができて、しかもどのタイミングで来ても安定したサービスが受けられるってすごく価値があることだと思うんです。その価値がもっと世の中に知られて、いろんな側面から語られるとよいなと思います」


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

池田さんは、卓球インストラクターという仕事を「ノウハウな仕事だ」と表現する。

レッスン受講者のタイプやニーズは多種多様であり、それに応えるインストラクターの個性や魅力もさまざま。

1人ひとりのインストラクターの中に蓄積されているノウハウを体系化して、お客様とインストラクターの最適なマッチングまでできるようになったら、ものすごい価値が生まれる。そこに、なんらかの形で力になりたいという思いもあるという。


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

本業ウェディング。副業卓球。

好きなこと、興味のあることを全て叶えるにはこれしかなかった。

「池田瑞姫さんのように、副業でタクティブで働きたい」と思ったら


写真:池田瑞姫さん/提供:タクティブ

タクティブの魅力は、組織の「余白」があるところ。何か一つの価値を作りたいとか、やりたいと思っている人にとってはとても面白いフェーズだと思います。インストラクターのメンバーも面白い人ばかりなので、気になっている方は思い切って飛び込んでみてください」(池田瑞姫)

>>タクティブ採用ページ(外部リンク)

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt