賞金総額2.5億円超 WTTブダペストスマッシュ、7月に開催決定 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:早田ひな(日本生命)/提供:WTT

卓球ニュース 賞金総額2.5億円超 WTTブダペストスマッシュ、7月に開催決定

2022.05.27

文:ラリーズ編集部

WTT(World Table Tennis)は26日、WTTシリーズで最上級カテゴリーの大会である「グランドスマッシュ」を今年の7月にハンガリーの首都・ブダペストで開催することを発表した。

WTT(World Table Tennis)とは

WTTとは、ITTF(国際卓球連盟)が新たにスタートさせた国際大会の新シリーズのことだ。


図:WTT概要/作成:ラリーズ編集部

これまで開催していたITTFワールドツアーを廃し、新たに五輪・世界選手権に並ぶ最上級カテゴリーの大会として「グランドスマッシュ」を位置づけている。その他に「カップファイナル」、「チャンピオン」、「スターコンテンダー」、「コンテンダー」などのカテゴリー別大会が開催される。

今大会は五輪・世界選手権に並ぶ「グランドスマッシュ」となっており、今年3月に開催されたWTTシンガポールスマッシュ以来のグランドスマッシュとなる。

賞金総額は2億円越え

「WTTブダペストスマッシュ」は7月11日~24日の2週間に渡り、ハンガリーの首都・ブダペストで開催される。


写真:シンガポールスマッシュを制した樊振東(ファンジェンドン)と陳夢(チェンムン)/提供:WTT

優勝者には世界ランキングポイントが2000ポイント付与されることも見逃せないが、最も注目すべきはその賞金額だ。今大会の賞金総額は200万ドル(日本円で約2億5000万円)で、男女シングルスの優勝者にはそれぞれ10万ドル(日本円で約1200万円)となっている。

現時点で参加選手は発表されていないが、世界ランキングを大幅に上げられる大会ということもあり、中国をはじめとした世界トップ選手はもちろん、日本人選手も多数参加することが予想される。


写真:宇田幸矢(明治大)/提供:WTT

シンガポールスマッシュでは、宇田幸矢(明治大)が男子シングルスでベスト4進出を果たす快進撃を見せ、日本の卓球ファンを大いに盛り上げた。ブダペストスマッシュでも日本勢の活躍に期待せずにはいられない。

主要大会の優勝選手獲得ポイント一覧

五輪:2000
世界選手権:2000
WTTグランドスマッシュ:2000
WTTカップファイナル:1500
ワールドカップ:1500
WTTチャンピオン:1000
WTTスターコンテンダー:600
WTTコンテンダー:400
WTTフィーダー:150

張本智和インタビュー(2021年2月公開)


写真:張本智和(木下グループ)/提供:長田洋平/アフロスポーツ

>>張本智和の耳に響く東北からの“頑張れ” 忘れない3.11から10年

宇田幸矢インタビュー(2020年10月公開)


写真:宇田幸矢/撮影:伊藤圭

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

男子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3045 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.09.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5575 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1575 pt