新時代の幕開けか 金沢からTリーグ男子に新チーム参入決定 男子も6チームに | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:Tリーグ/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 新時代の幕開けか 金沢からTリーグ男子に新チーム参入決定 男子も6チームに

2022.12.12

文:ラリーズ編集部

12日、卓球Tリーグは来季Tリーグ男子に、石川県金沢市を拠点とする金沢ポート株式会社(仮)からチーム新規加入申請があり、理事会で承認されたことを発表した。

先日の静岡オクシズUUに続き、これで2023-2024Tリーグ男子に2チームが新規参入することになり、現時点で女子と同じく6チームが揃ったことになり、来季は男子もセミファイナル、ファイナルで王座を決める戦いになる。

坂井理事長「より競い合う環境に」

坂井理事長からば「本来の申請〆切を過ぎてからの申請だったので、審査と確認に少し時間がかかりました。ただ、申請内容は、地元からの支援、信頼できる資金力、そして来季からの参入意思が非常に強かったため、理事会で承認の運びとなりました」と、承認プロセスを説明した。

また「ここから全国的に、男子各チームの戦力がより競い合う環境になること、全国的に卓球普及が広がっていくことを楽しみにしています」と、金沢の新チームへの期待感を語った。

地域密着チームがTリーグ新時代を拓く

北陸地方には、有力なジュニアクラブや学校があるが、その後の選手としての進路が地元に少なく、北陸にプロチームを、という声は長らく地元卓球界の悲願だった。

今回、石川県卓球界の熱い支援を受け、地元密着型のチーム組成の準備を一つずつ進めているとのことだ。

奇しくも、新規参入の金沢も静岡も“地元密着”を第一に掲げるのは、そこにTリーグの可能性を見ているからだろう。

地元で育った選手や地元で暮らす選手を、その地に住む人たちがホームゲームに足を運んで応援し、そして勝利を目指せるチームになったとき、いよいよTリーグ創設期に夢見た“卓球新時代”が幕を開ける。


写真:Tリーグファーストシーズン開幕戦/撮影:ラリーズ編集部

関連記事

>>Tリーグ男子、静岡のチームの来季参入が全会一致で承認

>>日本卓球協会、2023世界選手権日本代表選考の考え方を発表

>>Tリーグ個人戦、非所属選手も日本卓球協会強化本部決定で出場可 選手選出基準発表

男子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
7725 pt
2
馬龍(中国)
4400 pt
3
王楚欽(中国)
4345 pt
1
張本智和(日本)
3860 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2023.02.02
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6740 pt
3
王曼昱(中国)
5275 pt
1
早田ひな(日本)
2830 pt
2
伊藤美誠(日本)
2765 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt