卓球・東京五輪シングルスヨーロッパ予選、開催地変更 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球トピック 卓球・東京五輪シングルスヨーロッパ予選、開催地変更

2021.01.05 文:ラリーズ編集部

ヨーロッパ卓球連合(ETTU)は1月4日、第1回ETTU2021執行委員会を開催し、東京五輪シングルスのヨーロッパ予選開催地をモスクワからリスボンに変更することを発表した。

東京五輪ヨーロッパ予選開催地変更

2月10日から14日の日程で、ロシア・モスクワで開催予定だった東京五輪シングルスのヨーロッパ予選。

ロシア卓球連盟は新型コロナウイルス対策を含め、大会開催のための準備が整っているとしていた。しかし、選手やコーチの大会会場へのフライトに問題が生じる可能性があることから、ロシア卓球連盟は開催が難しいとし、開催地はポルトガル・リスボンに変更となったという。

東京五輪シングルスのヨーロッパ代表には、2019年7月に開催されたヨーロッパ競技大会での男女上位3選手ずつがすでに内定している。

>>44歳サムソノフ、ヨーロッパ卓球連合副会長に就任

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt