Tリーグ・琉球、ヤフー元取締役の喜多埜氏がアドバイザー就任 初優勝へ経営面も強化 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:琉球アスティーダメンバー/撮影:ラリーズ編集部

卓球トピック Tリーグ・琉球、ヤフー元取締役の喜多埜氏がアドバイザー就任 初優勝へ経営面も強化

2021.01.05 文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子・琉球アスティーダを運営する琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社は、アドバイザーに喜多埜裕明氏の就任が決まったことを発表した。

悲願の初優勝に向けて経営基盤強化へ

喜多埜氏は、ソフトバンク株式会社やヤフー株式会社などで取締役を担い、数々の事業を成功に導いた実績を持つ。喜多埜氏をアドバイザーに迎えることにより、経営基盤を強化し、琉球はプロスポーツ界からの上場を目指す。

Tリーグサードシーズンで琉球は、今季から加入した宇田幸矢、戸上隼輔の明治大学コンビや、吉村真晴・和弘兄弟らの活躍により、12勝2敗の勝ち点36と首位を独走している。経営面からも悲願の初優勝を後押しする。

琉球アスティーダスポーツクラブ代表・早川周作氏コメント


写真:早川周作氏(写真右)と喜多埜裕明氏/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ

豊富な経営経験をもつ喜多埜氏の力は、創設3年目の我社にとって間違いなく大きな力になります。沖縄から世界を目指し、誰もが知る企業へ、また上場しより成長するため、盤石な経営体制と更なる事業拡大をおこなってまいります。 引き続きの皆様のお力添えをよろしくお願い申し上げます。

喜多埜裕明氏コメント

未だかつてないプロスポーツチームの経営の在り方を追求し、邁進する琉球アスティーダは今後の成長が楽しみな企業だと感じています。アドバイザーとして関わることで、琉球アスティーダのビジネスの仕組みを加速させ、そして代表早川の志を叶えられるように全力でサポートしてまいります。 皆様のお力添えをよろしくお願い致します。

琉球アスティーダインタビュー

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

>>“琉球から全国行脚でファン交流” 吉村真晴、和弘兄弟が目指す卓球普及の形とは

Tリーグ男子12月ハイライト

男子ランキング
2021.01.16
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.16
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt