韓国卓球協会、東京五輪代表内定選手を発表 16歳の申裕斌が代表入り | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:申裕斌(韓国)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 韓国卓球協会、東京五輪代表内定選手を発表 16歳の申裕斌が代表入り

2021.02.26 文:ラリーズ編集部

韓国卓球協会は21日、東京五輪代表男女3名ずつを発表した。男子は張禹珍(ジャンウジン)、鄭栄植(チョンヨンシク)、李尚洙(イサンス)、女子は田志希(チョンジヒ)、申裕斌(シンユビン)、崔孝珠(チェヒョジュ)となった。

女子は16歳の申裕斌が代表入り

男子の代表メンバーは、韓国の世界ランク上位3人と順当な選出となった。世界ランク11位の張禹珍は、昨年11月のITTFファイナルで張本智和(木下グループ)を下すなど、豪快なドライブを武器に活躍する実力者だ。


写真:張禹珍(韓国)/提供:ittfworld

また、李尚洙と鄭栄植は、シングルスの実力はもちろん、ダブルスも世界卓球でメダルを獲得している。東京五輪では日本のライバルになることは間違いない。

一方、女子は、16歳の申裕斌が代表選考会を勝ち抜き、嬉しい代表入り。長身を活かした両ハンドドライブを武器に、2019年チームワールドカップでは田志希と組んだダブルスで、日本の平野美宇(日本生命)/石川佳純(全農)ペアを下している。


写真:田志希(写真奥)と申裕斌(写真手前)/撮影:ラリーズ編集部

その田志希と、同じくチームワールドカップ代表であった崔孝珠の左腕2人が代表に内定。また、これにより前回代表の徐孝元(ソヒョウォン)、梁夏銀(ヤンハウン)は代表から外れることとなった。

韓国男子東京五輪代表

張禹珍(ジャンウジン)
李尚洙(イサンス)
鄭栄植(チョンヨンシク)

韓国女子東京五輪代表

田志希(チョンジヒ)
申裕斌(シンユビン)
崔孝珠(チェヒョジュ)

徐孝元インタビュー

>>【徐孝元#1】韓国の女神 “チョコパイ”目当てで始めた卓球 「異国の地でもひとりじゃない」

>>【卓球・徐孝元#2】“韓国の女神”が選んだTリーグ 挑戦決めた意外なワケとは

男子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.08.03
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt