世界卓球7大会連続メダル獲得の岸川聖也氏、VICTASとアドバイザリー契約 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:松下浩二氏(写真左)と岸川聖也氏/提供:株式会社VICTAS

卓球ニュース 世界卓球7大会連続メダル獲得の岸川聖也氏、VICTASとアドバイザリー契約

2021.04.01 文:ラリーズ編集部

卓球総合メーカーの株式会社VICTASは、元卓球男子日本代表の岸川聖也(きしかわせいや)氏と2021年4月1日(木)よりアドバイザリー契約を締結したことを発表した。

岸川氏がVICTASとアドバイザリー契約

岸川氏は、インターハイ男子シングルス3連覇、全日本選手権ダブルス4連覇、世界卓球7大会連続メダル獲得など数々の実績を誇る。北京五輪、ロンドン五輪と日本代表としてプレーした名プレーヤーで、現在は一線から退き、日本代表やTリーグのT.T彩たまでコーチとして指導にあたっている。


写真:世界卓球パリ大会での水谷隼(写真左)・岸川聖也(写真右)/提供:ロイター/アフロ

3月31日は自身のTwitterで「本日をもちまして株式会社タマスとの契約を満了致しました。感謝しかありません。本当に長い間最高のサポートありがとうございました」とツイートしており、1日付でタマスからVICTASへと契約が変わったことになる。

岸川氏とのアドバイザリー契約について、VICTAS代表取締役社長の松下浩二氏は「元日本代表として様々な経験をしてきた岸川氏と、VICTASのコンセプトである『I AM NEXT.』を元に卓球の普及に貢献できるよう共に取り組んで参ります」とコメントしている。

岸川氏は今後、イベントや講習会を通じた卓球の普及活動やVICTAS製品の開発等に携わる予定だという。

岸川聖也インタビュー

>>岸川聖也「経験で取れる1点がある」歴戦の猛者が語る「Tでの戦い方」

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt