「世界を獲りいくよ。」 3季目王者の琉球、新スローガン発表 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:琉球アスティーダスローガン/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

卓球ニュース 「世界を獲りいくよ。」 3季目王者の琉球、新スローガン発表

2021.04.01 文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ男子で、3季目のリーグ王者に輝いた琉球アスティーダは1日、 国内プロスポーツチーム初上場を機に新しく「スローガン」「ミッション」「ビジョン」「スピリット」「バリュー」を策定したことを発表した。

スローガン:世界を獲りいくよ。


写真:琉球アスティーダスローガン/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

スローガンに込めた想い

スローガンである「世界を獲りいくよ。」には、沖縄から世界へ、応援してくださる皆様とともに夢を実現していくという強い意思を込めています。選手・企業・地域そしてファンの皆様にとって、この言葉が背中を押し、勇気づけ、ひとり一人も成長しながら、めざす未来へ一つになって進んでいくパワーになれたら大変嬉しく思います。

ミッション:夢への道を拓き、明日を照らす光となる。


写真:琉球アスティーダミッション/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

ミッションに込めた想い

例えば5歳ではじめて、15歳でプロになれる。体格が小さくても勝てる。誰にでもチャンスがあるということが、卓球の魅力です。私たちは必ず世界でも注目されるクラブになります。世界から見たら、沖縄は小さな島のひとつかもしれません。その沖縄の小さなチームが、皆様と一緒になって、夢への道を拓いていく。その姿を通して、明日を照らす光となりたい。それが私たち琉球アスティーダの志であり、使命です。

ビジョン:だれもが夢をあきらめない社会をつくる。


写真:琉球アスティーダビジョン/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

ビジョンに込めた想い

果敢に挑戦し、戦い、ひとつひとつ夢を実現していく私たちの姿を見た誰かが、「自分も夢を実現できるはずだ!」と奮い立ち、一歩踏み出し、挑戦していく。そしてその姿はまた、新たな太陽となって他の誰かを照らしていく。そうやって、ひとりまたひとりと、自分の可能性を諦めることなく、志を持って未来を切り拓く人や企業、地方が増えていくと信じています。だれもが夢をあきらめない社会へをつくること。それが私たちの目指す未来です。

バリュー:共創、熱狂、勇気、成長


写真:琉球アスティーダバリュー/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

バリューに込めた想い

私たちは、卓球というスポーツを通じて届けたい4つの価値を言語化しました。ともに夢に向かう共創の面白さや熱狂、そして勇気が湧くきっかけとなって、互いに成長していくことができたら。そんな願いを込めています。

スピリット


写真:琉球アスティーダスピリット/提供:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

スピリットに込めた想い

私たちが大切にしたい精神を言語化しました。まずはGIVEすること。志を胸に、人を大切に。地道に努力することを忘れず、どうせやるならおもしろく、ご機嫌に。だからこそ、あえて楽しい言葉遣いでまとめました。代表の早川の口癖でもある「やりきり超MAX!」には、何事も諦めずに全力で挑戦しようという意味を込めています。

関連記事

>>琉球アスティーダはなぜ上場したのか 早川社長に聞いてみた

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt