全日本8強の南波(旧姓:平)侑里香、日本ペイントマレッツに加入「心機一転、新たな気持ちで」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2021年全日本選手権での南波侑里香/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 全日本8強の南波(旧姓:平)侑里香、日本ペイントマレッツに加入「心機一転、新たな気持ちで」

2021.04.19

文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ女子・日本ペイントマレッツは19日、南波(旧姓:平)侑里香と2021-2022シーズンの契約合意に至ったことを発表した。

南波が日本ペイントマレッツに加入

南波は、2019年には全日本選手権女子ダブルス3位、2021年大会はシングルスベスト8に入った実力者だ。高校は名門、正智深谷高校、卒業後は実業団のサンリツに所属して日本リーグに参戦していた。


写真:2021年全日本選手権での南波侑里香/撮影:ラリーズ編集部

2021年2月には、法政大学OBの南波裕輝(東京ガス)との結婚を発表しており、南波侑里香としてTリーグ・日本ペイントマレッツに参戦することとなった。

南波は、昨季木下アビエル神奈川にも所属していたが、出場機会に恵まれず、まだTリーグの舞台でプレーしてはいない。実業団のサンリツはすでに退社しており、日本ペイントマレッツ所属選手としての活躍に注目だ。

南波侑里香コメント

今年度から、日本ペイントマレッツ所属になりました、南波(旧姓:平)侑里香です。大変厳しい状況の中、様々な方々のお陰で卓球が出来ている事に感謝しております。心機一転、新たな気持ちで、色々な事に挑戦していこうと思います!試合では、チームに貢献出来る様頑張りますので、応援宜しくお願い致します。

三原孝博監督コメント

南波選手は、2018年全日本社会人選手権優勝、2021年全日本選手権第7位の実績を有する、前陣速攻型で攻撃力とラリー力を兼ねそろえている選手です。貴重な日本人選手として、日本ペイントマレッツの勝利に貢献してくれると期待しています。

関連記事

>>南波侑里香(平侑里香)の使用用具・大会成績・プロフィール

男子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
6900 pt
2
馬龍(中国)
3400 pt
3
梁靖崑(中国)
2700 pt
1
張本智和(日本)
1985 pt
2
宇田幸矢(日本)
724 pt
3
戸上隼輔(日本)
350 pt
女子ランキング
2022.05.04
世界
日本
1
陳夢(中国)
5225 pt
2
孫頴莎(中国)
5000 pt
3
王曼昱(中国)
3500 pt
1
早田ひな(日本)
2535 pt
2
伊藤美誠(日本)
2225 pt
3
石川佳純(日本)
1240 pt