リオ五輪団体銀メダリストのハン・イン、トップ名古屋残留 37歳のカットマン | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:ハン・イン(トップおとめピンポンズ名古屋)/提供:©T.LEAGUE

卓球ニュース リオ五輪団体銀メダリストのハン・イン、トップ名古屋残留 37歳のカットマン

2021.04.28

文:ラリーズ編集部

卓球Tリーグ女子・トップおとめピンポンズ名古屋は28日、リオ五輪団体銀メダリストのカットマンハン・イン(ドイツ)との2021-2022シーズン(4thシーズン)の契約更新を発表した。

ハン・インがトップ名古屋に残留

ハン・インは、過去最高世界ランキング6位の実績を誇る37歳だ。2016年のリオ五輪では、団体戦の準決勝で日本代表と対戦し、マッチカウント2-2で迎えた第5試合で福原愛さんとの激闘を制し、ドイツを銀メダルに導いた。


写真:ハン・イン(名古屋)/提供:©T.LEAGUE

Tリーグ2020-2021シーズン(3rdシーズン)では、コロナ禍の隔離などもありながらもシングルスで11勝6敗と最下位に沈んだチームのエースとして活躍を見せた。4thシーズンも世界屈指の実力を持つカットマンの活躍に期待が高まる。

ハン・インコメント

4thシーズンもTOP名古屋の一員としてまた戦えることが出来て凄く嬉しいです。
チームメイトみんなで切磋琢磨し、良い結果が残せるように頑張ります!皆さんコロナには充分気を付けてお過ごし下さい。今シーズン皆さんに会えることを楽しみにしています。

ハン・インのインタビュー

>>TOP名古屋ハン・イン 日本に愛着「自分を試したい」 キムタク好きの一面も

安藤みなみインタビュー


写真:安藤みなみトップおとめピンポンズ名古屋)/撮影:田口沙織

>>実業団のエースが退社しプロ転向 安藤みなみが今、Tリーグに挑戦する理由

>>トップ名古屋に“凱旋”加入 愛知県出身の安藤みなみ「自分が結果を出して次世代に繋がれば」

>>高2の夏で転校 青森山田”最後の一人”安藤みなみが選んだ道

>>中国卓球にも通用する 安藤みなみの”常識破りのプレースタイル”が生まれたワケ

>>卓球選手・安藤みなみがバド・”フクヒロペア”コーチから得た金言

男子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
7700 pt
2
張本智和(日本)
4550 pt
3
馬龍(中国)
4400 pt
1
張本智和(日本)
4550 pt
2
宇田幸矢(日本)
1148 pt
3
篠塚大登(日本)
912 pt
女子ランキング
2022.11.22
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
8270 pt
2
陳夢(中国)
6715 pt
3
王曼昱(中国)
5250 pt
1
伊藤美誠(日本)
3415 pt
2
早田ひな(日本)
3005 pt
3
石川佳純(日本)
1890 pt