東京五輪卓球日本代表のリザーブ選手発表 男子は宇田幸矢、女子は早田ひな | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:宇田幸矢(明治大学)・早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 東京五輪卓球日本代表のリザーブ選手発表 男子は宇田幸矢、女子は早田ひな

2021.06.05

文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は5日、2021年度第1回理事会後、男女東京五輪日本代表のリザーブ選手を発表した。男子は宇田幸矢(明治大学)、女子は早田ひな(日本生命)が選出された。

リザーブ選手は宇田、早田

リザーブ選手とは、内定している男女3名ずつの選手の誰かが、棄権をした場合、団体戦のみ交代することが認められている代替出場選手のことだ。リオ五輪の際は、男子は大島祐哉(木下グループ)、女子は平野美宇(日本生命)が選出されていた。

今回の選出に関して、日本卓球協会の強化本部長の宮﨑義仁氏は、「吉村真晴、戸上隼輔らの名もあがったが、昨年の全日本チャンピオンという実績、左という戦型、リザーブ選手ですが大会当日までは練習相手ということで若さも含めて選出した」と宇田の選出理由を語った。

また、早田については「団体戦でダブルスが得意な早田に決定した。伊藤とのダブルスが金メダルを獲れるレベルであること、平野とダブルスを組んだ場合でもワールドツアーで優勝できるレベルである」と評価を明かした。

早田ひなインタビュー


写真:早田ひな(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

>>早田ひな Tリーグ初のMVP 卓球三昧の18歳は「楽しさを忘れない」

>>早田ひな「楽しい卓球」から「楽しめる自分」へ たどり着いた新たな強さ

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

宇田幸矢インタビュー


写真:宇田幸矢/撮影:伊藤圭

>>「卓球で生きていく」 “パリ世代三銃士”宇田幸矢・戸上隼輔・木造勇人、覚悟と決意の挑戦

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt