2021世界卓球ヒューストン大会、男女日本代表選考基準発表 選考会は9月に大分で | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:世界卓球2019表彰式での早田ひな(写真左)、伊藤美誠(写真右)/撮影:なかしまだいすけ/アフロ

卓球ニュース 2021世界卓球ヒューストン大会、男女日本代表選考基準発表 選考会は9月に大分で

2021.06.07 文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は7日、2021世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)男女日本代表選手選考基準を発表した。

2021年世界卓球の出場枠

2021年11月23日~11月29日、アメリカ・ヒューストンで開催される世界卓球は、男女シングルス各3~5名、男女ダブルス各2ペア、混合ダブルス2ペアが出場できる。

シングルスは各協会原則出場枠が3名となるが、以下の条件をクリアすれば出場枠がその協会に対し最大2名追加される。

・2021年○月世界ランキング(以下WR)100位以内にその協会の選手がランクインしていれば1名出場枠が追加される
・2021年○月WR20位以内にその協会の選手がランクインしていれば1名出場枠が追加される
※上記○月とは国際卓球連盟からの対象月の発表があり次第補完する。

そのため日本は、2名分の出場枠追加が見込まれている。

2021年世界卓球の選出方法

男女シングルス代表5名の選出方法に関して、発表された内容は以下の通り。

(1)2021年○月発表の WR20位以内の日本人最上位選手:(1名)
(2)2021年○月発表の WR100位以内の日本人最上位選手:(1名)
※(1)の WR20位以内の日本人最上位選手を除く
※上記○月とは国際卓球連盟からの対象月の発表があり次第補完する。
(3) 第32回オリンピック競技大会(2020/東京)にて種目に関わらずメダル獲得した選手
(4)国内選考会の上位から出場枠に達するまで

2021年世界卓球の選考基準・選考会日程

(4)の国内選考会への選考基準、日程もあわせて発表された。

選考会は、2021年9月27日~30日、大分県・杵築市文化体育館にて開催される。

その出場資格は以下の通り。
(1)第32回オリンピック競技大会(2020/東京)出場者
(2)2021年アジア卓球選手権大会国内選考会(旭市)10位までの者
(3)2021年全日本卓球選手権大会シングルスベスト4の選手
(4)第30回日本卓球リーグ選手権・ビッグトーナメント熊本大会シングルス優勝者
(5)2022年FISU ワールドユニバーシティゲームズ日本代表候補選手
(6)2021年全日本卓球選手権大会ジュニアの部優勝者
(7)令和3年度全国高校総合体育大会シングルス優勝者
(8)令和3年度全国中学校卓球大会シングルス優勝者
(9)2021年全日本卓球選手権大会ホープスの部優勝者
(10)上記1)~9)の人数が24名に達するまで強化本部にて推薦する。

関連記事

>>WTTに振り回される卓球界 宮﨑強化本部長「世界ランキングを人質とした進め方」

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt