ボブソンHD、市民スポーツ支援会社設立 ラージボールを"人生100年時代に最適なスポーツ"へ | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:「卓球は人をつなぐ」Rallys/提供:西泰宏

卓球ニュース ボブソンHD、市民スポーツ支援会社設立 ラージボールを“人生100年時代に最適なスポーツ”へ

2021.06.10 文:ラリーズ編集部

株式会社ボブソンホールディングスは、株式会社ソフトアスリート(Soft Athlete co., ltd.、以下S.A.C.)を2021年4月14日に設立したことを発表した。

ラージボール普及のための教室・大会展開へ

S.A.C.設立の目的は、「市民スポーツ組織を持続的成長が可能な組織とするための支援活動を実施すること」だ。その第一弾として、ラージボールを普及するための教室と大会を展開し、硬式卓球と同様のレベルまで普及させたいと考えているという。

ラージボールは、通常の硬式卓球のボールよりも大きいボールを使用し、表ソフトラバーのみで戦う競技だ。ボールが大きく、空気抵抗を受けやすいため、ラリーが続きやすくなることが特徴だ。

株式会社ボブソンホールディングスによるコメント

持続発展できる社会は、企業だけでなく、個人が永続的に、社会の一員として能動的に関わっていくことで育まれると考えます。人生100年時代といわれる今、ボランティア活動を通し、趣味や好きな物、スポーツなどに関与し続けることで地域社会や人々とのコミュニケーションを高め、心身の健康を維持することがより強く求められていると感じています。今後、S.A.C.とボランティアの方々が共同で、ラージボールへの参加勧誘活動を草の根的に展開します。また、各地域で大会を開催し、広域的な普及活動を行っていきます。

標語は、人生100年時代の最適スポーツ「ラージボール」 。

ラージボールは、人生100年時代に最適なスポーツであり、コロナ禍の真最中であるからこそ、早急に普及すべき体制作りが必要と考え、起業に至りました。

㈱ソフトアスリートの概要

■設  立 令和3年4月14日
■本社住所 岡山市北区平野978
■代表電話 086-292-0211
■CE-CEO 藤井洋子 尾崎博志
■CTO(IT開発責任者) 河本直幸(PairData合同会社代表)
■CFO 山本聖章

■ラージボール教室会場
 フェアーレーン岡山(岡山市北区清心町16-31)
■ラージボール主要大会会場
 メイン会場:ジップアリーナ岡山(岡山市北区いずみ町2-1-3)

BOBSON契約選手の森薗政崇 特集・“代表取締役社長”兼“プロ卓球選手”


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

>>第1話 肩書は“代表取締役社長”兼“プロ卓球選手” 森薗政崇、現役中のビジネスは「メリットしかない」

>>第2話「青森山田を復活させたい」森薗政崇が“社長”兼“選手”として卓球ビジネスをする理由

第3話 森薗政崇が語る“卓球業界DX構想”「卓球を取り巻く環境はもっとよくできる」

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt