「青森山田を復活させたい」森薗政崇が"社長"兼"選手"として卓球ビジネスをする理由 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

卓球×インタビュー 「青森山田を復活させたい」森薗政崇が“社長”兼“選手”として卓球ビジネスをする理由

2021.05.28 取材・文:山下大志(ラリーズ編集部)

森薗政崇(BOBSON)はプロ卓球選手とFPC株式会社の代表取締役社長の二足のわらじを履く。

森薗はビジネスに取り組み、最終的に成し遂げたい夢がある。

「もう一度、青森山田のような環境を作りたい」。

第2話では、森薗の思いに迫る。


【森薗政崇(もりぞのまさたか)】1995年4月5日生まれの26歳。東京都出身。青森山田中高、明治大学と卓球界の名門校で腕を磨き、現在はプロ卓球選手として活躍。アスリートとして2017年世界卓球デュッセルドルフ大会男子ダブルス銀メダル、2021年全日本卓球選手権男子シングルス準優勝など国内外で数多くの実績を残しながら、FPC株式会社の代表取締役社長も務める。

>>第1話はこちら 肩書は“代表取締役社長”兼“プロ卓球選手” 森薗政崇、現役中のビジネスは「メリットしかない」

「どこかでもう一度青森山田のような環境を作りたい」

森薗は「僕の卓球人生、どこがターニングポイントかと言われたら確実に高校生のとき」と語るほど、高校卓球に人一倍強い思いを持つ。高校卓球界への恩返しのために強化合宿を開催する取り組みも実施した。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

森薗が高校生活を過ごしたのが、青森山田高校だ。東京五輪代表の水谷隼(木下グループ)や丹羽孝希(スヴェンソン)ら、青森山田卒業生にはそうそうたる顔ぶれが名を連ねる。森薗も高校3年時のインターハイシングルスで王者に輝き、世界へと羽ばたいた。

「特殊な空間だった。みんな仲は良いけど、勝負に関してはギスギスした雰囲気がある。そういう環境でハングリー精神を持つ人間が集まって戦うことでより上にいけると感じる。僕が愛した環境だった」と森薗は青森山田の環境を振り返る。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

だが、森薗が卒業した2年後、及川瑞基(木下グループ)らの世代を最後に青森山田高校卓球部は強化を終了した。

「寂しかった。そのときからすごく思いが強くなりました」。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

当時大学生だった森薗は、思いを強く抱いた。

「僕は青森山田のような卓球に打ち込める環境が大好きだった。どこかでもう一度そういう環境を作りたい」。

アスリートとして卓球に本気で取り組んできた経験をビジネスに生かす

改めて今、森薗は夢に向かっての思いを加速させる。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

「これまで国内、ドイツ、国際大会、様々な地域やステージで卓球をしてきた。最近ではミングルスとして大会を開催し、地域の卓球プレイヤーとも関わりを持つことができている」。

直近では「森薗政崇支援」の冠を付けた大会を会社の所在地である静岡県で開催したり、「吉田雅己支援」大会を吉田の地元である北海道で開催したりと精力的に活動しており、今後は日本各地で大会事業を推し進めていく予定だ。

様々な環境で卓球に関わってきたからこそ、事業者目線でも、参加者目線でも、今行われている卓球大会をより良いものに変えていけると感じる。そうすることで卓球プレーヤーがより卓球に打ち込める環境をひとつ作り出すことができる。これはひとつの例でしかありませんが、そういったことの積み重ねでいつか夢にたどり着ければいい」。

森薗はアスリートとして卓球に本気で取り組んできた経験を生かし、着実に歩みを進めている。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

好きな卓球を仕事に 「なんか、部活っぽいですね」


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

森薗は、自らが好きな卓球をプレーだけでなく事業としても仕事にしている。

「好きなことを仕事にすると嫌なことも増えたのでは?」と最後に少し意地悪い質問をしてみた。

「全くなかったですね。やっぱり卓球で最後どうしてもやりたい夢があるんで、それに向かって突き進んでる感覚が楽しい」とさらりと言ってのけた。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

「正直、僕が経営を始めたときは何も知らない素人で、実際今も仕事ができる方と一緒に仕事させてもらって、自分の無力さ、勉強不足をすごく感じている。会社とともに、そして信頼できる社員や仲間とともに自分も成長していきたい。最初はとにかく夢だけ持って始めた。今はみんなで仲間意識を持って結果にこだわって突き進んでいる。なんか、部活っぽいですね」と笑った。

選手として、社長として、森薗の挑戦は続いていく。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:伊藤圭

(第3話 森薗政崇が語る“卓球業界DX構想”「卓球を取り巻く環境はもっとよくできる」 に続く)

ミングルスリニューアルキャンペーンについて

ミングルスはサイトリニューアルに伴い、キャンペーンを実施中。人気ラバーの割引やポイント還元、ポイントプレゼント、会員向け抽選会などを開催中。大会情報も見逃すな。詳しくはコチラ

FPC株式会社、ミングルスとは

FPC株式会社とは森薗政崇が代表取締役社長を務める卓球総合企業。インターネットサイト「ミングルス」の運営及び、卓球用品の販売、大会運営、卓球場運営、アスリートマネジメントまで卓球プレーヤーのためのサービスを取り揃えている。

卓球ポータルサイト「ミングルス」は、大会情報から卓球用品、レッスンまで卓球愛好家には欠かせない卓球情報が満載。2021年5月のリニューアルを皮切りに、今後大会エントリーなどの機能開発を予定している。大会やレッスンで付与されたポイントが卓球用品購入に使えるなど、卓球をリーズナブルに一気通貫で楽しめる工夫がなされている。

>>ミングルスリニューアルキャンペーンはこちら

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt