2022年世界卓球成都大会の代表選考基準決まる 伊藤美誠がすでに内定 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

卓球ニュース 2022年世界卓球成都大会の代表選考基準決まる 伊藤美誠がすでに内定

2021.12.18

文:ラリーズ編集部

日本卓球協会は18日、2021年度第3回理事会を行い、その後、オンラインで報道陣の質問に答え、2022年中国・成都で開催される世界選手権団体戦の代表選考基準を明かした。

伊藤美誠が内定

世界選手権団体戦では、男女団体それぞれ5名の代表選手が選出される。

2022年の世界選手権の日本代表は、東京五輪シングルスメダル獲得者、世界選手権ヒューストン大会シングルスメダル獲得者(=該当者なし)、2022年全日本卓球選手権優勝者の順に代表が内定し、残る枠は、3月5日、6日に開催される第1回パリ五輪代表選考会(名称仮)の上位から5名に達するまで選出される。

現時点では東京五輪女子シングルス銅メダルを獲得した伊藤美誠(スターツ)が代表内定を決めていることとなる。

関連記事

>>日本卓球協会、全日本選手権6日目と7日目のみ有観客開催を発表

全日本スーパーシード 男子単

全日本スーパーシード 女子単

男子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
5500 pt
2
馬龍(中国)
3700 pt
3
梁靖崑(中国)
3085 pt
1
張本智和(日本)
3020 pt
2
宇田幸矢(日本)
968 pt
3
戸上隼輔(日本)
475 pt
女子ランキング
2022.08.05
世界
日本
1
孫頴莎(中国)
5770 pt
2
陳夢(中国)
5580 pt
3
王曼昱(中国)
4710 pt
1
伊藤美誠(日本)
2905 pt
2
早田ひな(日本)
2710 pt
3
石川佳純(日本)
1540 pt