リオ五輪団体銅メダルに貢献 東京では3種目メダル狙う|五輪代表活躍プレイバック・伊藤美誠編 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:リオ五輪での伊藤美誠/提供:AFP/アフロ

卓球トピック リオ五輪団体銅メダルに貢献 東京では3種目メダル狙う|五輪代表活躍プレイバック・伊藤美誠編

2020.02.06 文:ラリーズ編集部

2020年1月6日、日本卓球協会より、東京五輪の卓球競技に日本代表として出場する候補選手6名が発表された。男子は張本智和(木下グループ)、丹羽孝希(スヴェンソン)、水谷隼(木下グループ)、女子選手は伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、平野美宇(日本生命)が選出された。

この6選手の過去の五輪での成績(初出場の選手はリオ五輪以降の活躍)を振り返っていきたい。今回は伊藤美誠だ。

昨シーズンのワールドツアーでは優勝1回、準優勝3回と安定した成績を収めており、2020年1月発表の世界ランキングでは3位と自己最高位を更新するなど、好調を維持している。

先日行われた全日本卓球選手権大会では3年連続3冠は果たせなかったものの、混合ダブルス、女子ダブルスでは優勝しており、その実力は折り紙付きだ。東京五輪では団体戦および個人戦に出場予定だが、メダル獲得が期待される。

>>五輪代表活躍プレイバック・石川佳純編

伊藤のリオ五輪:3番手として大活躍

団体戦


写真:リオ五輪での伊藤美誠/提供:ittfworld

福原愛、石川佳純と組んだ団体戦のみの出場となった伊藤だが、初出場とは思えない落ち着いた戦いぶりでシングルス・ダブルスの両方で着実に勝ち星を挙げ、日本の準決勝進出に貢献した。

決勝進出を掛けたドイツ戦ではトップで出場し、ゾルヤ・ペトリサと対戦した。フルゲームにもつれる熱戦となり、第5ゲーム9-3までリードしたものの、そこから逆転負けを喫した。

その後1-1で迎えたダブルスに福原愛とのペアで出場し、ゲームカウント2-1とリードしたものの、ここでも逆転負けを許した。結果的に2-3でドイツに敗れ、決勝進出が目前に見えていたが故に、伊藤にとって悔しい敗戦となった。


写真:ダブルスでも活躍した伊藤美誠/提供:ittfworld

銅メダル獲得を掛けた3位決定戦ではシンガポールと対戦した。

トップで福原が落としたものの、石川が取り返し、1-1で迎えたダブルスに伊藤は福原とのペアで出場し、見事3-1で勝利した。

銅メダル獲得に王手を掛けた4番シングルスで伊藤は、当時世界ランキング4位、ロンドン五輪銅メダリストの馮天薇(フォンティエンウェイ)と対戦した。大一番にも落ち着いたプレーで馮を圧倒し、3-0で勝利を掴み、日本の銅メダル獲得を決めた。

これにより伊藤は、中国の郭躍がアテネ五輪で打ち立てた16歳でのメダル獲得という記録を抜き、五輪卓球競技において史上最年少のメダリストとなった(当時伊藤は15歳300日)

1回戦:〇日本 3-0 ポーランド
〇伊藤 3-1 リー・チェン
〇福原/伊藤 3-1 ナタリア・パルティカ/カタジナ・グジボフスカ

準々決勝:〇日本 3-0 オーストリア
〇福原/伊藤 3-1 ソフィア・ポルカノバ / リー・チャンビン

準決勝:日本 2-3 〇ドイツ
伊藤 2-3 〇ゾルヤ・ペトリサ
福原/伊藤 2-3 〇シャン・シャオナ/ゾルヤ

3位決定戦:〇日本 3-1 シンガポール
〇福原/伊藤 3-1 于梦雨(ユ・モンユ) / チョウ・イーハン
〇伊藤 3-0 馮天薇

戦績

リオ五輪

団体戦:5勝2敗(うちダブルス3勝1敗)


写真:リオ五輪での伊藤美誠/提供:ittfworld

前回大会では初の五輪出場にもかかわらず、団体戦でのメダル獲得に大いに貢献した伊藤だが、個人戦は今回が初出場となる。2019年からの安定した成績で、団体戦でのメダル獲得のみならずシングルスでの悲願のメダル獲得も期待される。

また今大会では混合ダブルスが新設されており、水谷隼とのペアで出場予定である。先日行われたワールドツアー・グランドファイナルでは日本選手で初めて銀メダルを獲得しており、団体、シングルス、混合ダブルスでのメダル獲得も夢ではない。

五輪卓球競技2回目の出場となる伊藤はどのような活躍を見せてくれるのか。今から楽しみである。

男子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.05
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt