【今週の日本の卓球】馬龍や劉詩雯も参戦 T2ダイヤモンド出場選手決定 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.07.01

【今週の日本の卓球】馬龍や劉詩雯も参戦 T2ダイヤモンド出場選手決定

写真:ジャパンオープンでの馬龍(中国・写真左)と劉詩雯(中国・写真右)/提供:ittfworld

7月18日から21日までマレーシアのジョホールバルで開催されるT2ダイヤモンド第1回大会に出場する男女計32名の選手が正式に発表された。

T2ダイヤモンドは、2019年の7月から12月にかけて3回開催される。この大会は独自のルールの下でトーナメント戦が行われ、成績に応じて各選手が獲得したポイントは、世界ランキングに反映される、成績の良い8大会のポイントに追加して上乗せされる。そのため、世界ランキングによって東京オリンピックへの出場権が決定する日本人選手にとっては、この大会で好成績を残すことはオリンピックに出場する上で非常に重要となる。

男子では、南米の天才・ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル)や世界選手権準優勝のマティアス・ファルク(スウェーデン)、張本智和(日本)と同年代のライバルであり、ジャパンオープンで大活躍した林昀儒(チャイニーズタイペイ)などの実力者が集う。
▼林昀儒のプロフィール

一方女子では、ベルナデッタ・スッチ(ルーマニア)やポルカノバ(オーストリア)らのヨーロッパ勢や、石川佳純(日本)、鄭怡静(チャイニーズタイペイ)、馮天薇(シンガポール)のようなベテランまで幅広い顔ぶれが集まっている。

また中国からは2017年のT2APACにも参加した王楚欽や丁寧だけでなく、世界選手権を制した馬龍や劉詩雯も参戦する。ジャパンオープン優勝の許昕、孫穎莎も参加し、初戦から非常にレベルが高い試合になるだろう。

日本男子からは張本智和、水谷隼、丹羽孝希の3名が出場し、女子からは伊藤美誠平野美宇、石川佳純、加藤美優の4名が出場する。世界の実力者を破り、第1回大会を制するのは誰か。早くも期待が高まる。

男子出場選手


写真:T2ダイヤモンドに出場するドイツ選手。左からパトリック・フランチスカ、ドミトリ・オフチャロフ、ティモ・ボル/提供:ittfworld

馬龍(中国)
林高遠(中国)
許昕(中国)
張本智和(日本)
マティアス・ファルク(スウェーデン)
梁靖崑(中国)
樊振東(中国)
水谷隼(日本)
黄鎮廷(中国香港)
林昀儒(チャイニーズタイペイ)
王楚欽(中国)
パトリック・フランチスカ(ドイツ)
ヒューゴ・カルデラノ(ブラジル)
丹羽孝希(日本)
ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)
ティモ・ボル(ドイツ)

女子出場選手


写真:日本の平野美宇(写真左)と石川佳純(写真右)はどこまで勝ち上がれるか/提供:ittfworld

王曼昱(中国)
陳夢(中国)
劉詩文(中国)
朱雨玲(中国)
丁寧(中国)
伊藤美誠(日本)
孫穎莎(中国)
馮天薇(シンガポール)
鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
平野美宇(日本)
陳思羽(チャイニーズタイペイ)
杜凱琹(中国香港)
ソフィア・ポルカノバ(オーストリア)
石川佳純(日本)
加藤美優(日本)
ベルナデッテ・スッチ(ルーマニア)

文:ラリーズ編集部

コメント
0