「命がけの勝利」伊藤・早田が女子ダブルスを制す【全日本卓球2018】


<全日本卓球選手権2018・大会6日目・女子ダブルス決勝・東京体育館>

高校生ペア同士の対戦となった女子ダブルス決勝は、早田ひな(日本生命)・伊藤美誠(スターツSC)ペアが梅村優香・塩見真希(ともに四天王寺高校)ペアをゲームカウント3−1で下し優勝した。

1ゲーム目は梅村・塩見が得意の速攻プレーで先取したが、国際大会での実績が豊富な早田・伊藤は「緩急をつけよう」と話し合い、自分たちの得意な展開に持ち込んだ。また、勝負の3ゲーム目では「取られたら指を1本切るくらいの気持ちで命がけでプレーした」と早田が語る通り、気迫のプレーを見せた。

試合後の会見では「国際大会ではピッチの速さで勝負。国内ではピッチよりも緩急」(伊藤)と戦い方を変えて臨んだとコメント。早田は「(得意のバックハンドレシーブである)チキータをスピードよりもスピン重視に変えた。(普段フォア面で使っている)スピンがかかりやすいラバーを(チキータを打つ)バックに反転をして使ったら、予想以上に効いた」と勝利の秘訣を明かした。

伊藤は女子ダブルスと混合ダブルスとの二冠が確定し、女子シングルスとの三冠の可能性を残している。明日の女子シングルス準決勝では石川佳純(全農)と対戦する。

これまで快進撃を続けてきた梅村・塩見ペア

敗れた梅村・塩見も大学生や社会人ペアを次々と倒し、準決勝では国際大会で優勝経験のあるカットマンペアの佐藤・橋本(ミキハウス)ペアをストレートで破る快進撃を見せた。塩見は今大会でジュニア女子に続き二種目で準優勝の好成績を収め、注目を集めた。

文・写真:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする