松島輝空が全日本5連覇<卓球・全日本ホカバ>


*写真は松島輝空(木下グループ)

<2018年7月27日~29日・全農杯平成30年度全日本選手権(ホープス・カブ・バンビの部)・グリーンアリーナ神戸>

28日、松島輝空(京都・木下グループ)が小学生以下日本一を決める全日本選手権ホープス・カブ・バンビの部(以下、全日本ホカバ)で大会5連覇を達成した。

準決勝では吉山和希(埼玉・TC中原)に先にマッチポイントを握られるピンチもあったが、観客席からの家族の必死の声援に支えられながら、勝負強さを見せた。

松島輝空(木下グループ)。台風の影響で試合が22:00を回るも、安定したプレーで日本一に輝いた
写真:ラリーズ編集部

台風の影響で急遽2日分の試合を1日でこなすことになったため、1日7試合のハードスケジュールとなったが、松島は「(スケジュール変更を)聞いた時は驚いたけど、今日やっても明日やってもどっちでも変わらないと思った。普段沢山練習してるから体力は全く問題なかった」とコメントし、11歳とは思えない頼もしい姿を見せた。

先輩である張本智和(JOCエリートアカデミー)は全日本ホカバで6連覇の記録を持っており、松島は来年この記録に挑むことになる。張本に続く日本を代表するプレーヤーへと成長できるか、今後も11歳の小さな巨人から目が離せない。

松島輝空 全日本選手権(ホープスの部)優勝までの全8試合結果

<決勝>
松島輝空 3-1 田畑雄飛(岡山・T.Cマルカワ)
11-6/11-3/10-12/11-7

<準決勝>
松島輝空 3-2 吉山和希(埼玉・TC中原)
8-11/11-4/9-11/11-5/14-12

<準々決勝>
松島輝空 3-1 渡邊康靖(大阪・貝塚スポ少)
11-6/14-12/14-16/11-7

<決勝トーナメント4回戦>
松島輝空 3-0 面田知己(兵庫・卓栄kid’s)

<決勝トーナメント3回戦>
松島輝空 3-0 日髙宏紀(大阪・育徳クラブ)

<決勝トーナメント2回戦>
松島輝空 3-0 鈴木柊平(愛知・プログレス)

<予選グループ>
松島輝空 3-0 坂田陽哉(広島・ヒロタクスポーツ)
松島輝空 3-0 大西翔太郎(香川・卓球家ジュニア)

文・写真:ラリーズ編集部

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする