前年度準V・張本/長﨑ペア、苦しみながらも4回戦へ<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:2020全日本の張本智和(写真左)と長﨑美柚(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 前年度準V・張本/長﨑ペア、苦しみながらも4回戦へ<全日本卓球2020>

2020.01.14 文:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

14日、全日本選手権(以下、全日本)混合ダブルス3回戦が行われ、前年度混合ダブルス準優勝の張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアが、4回戦進出を決めた。

>>堅守の元世界ランク1位に2連勝 長﨑美柚の見せた“3本の刃”とは

張本/長﨑ペア、大学生ペアに辛勝


写真:2020全日本の張本智和(写真右)と長﨑美柚(写真左)/撮影:ラリーズ編集部

初戦となった前日の2回戦をストレート勝利で飾った張本/長﨑ペア。この日の対戦相手は、関西学生リーグ1部校のレギュラー同士のダブルス。2回戦をフルゲームで制して勢いに乗っているペアということもあり、試合序盤からリードを奪われ、1ゲーム目を落としてしまう。

張本/長﨑ペアは、世界ランキング5位と世界ジュニアチャンピオンのダブルス。2ゲーム目以降は、落ち着いた試合運びを見せて、2ゲームを連取、4ゲーム目も5-2とリードし、このまま勝利を得るかと思われた。

ここで大西/小脇ペアがタイムアウト。その後大西/小脇ペアが得点を重ね、8-11で張本/長﨑ペアは第4ゲームを落とした。

勝負の第5ゲーム。お互い一歩も譲らない展開になり、大西/小脇ペアが5点を先取してチェンジコート。しかし、その後は大西/小脇ペアにミスが出始め、最後は11-6で張本/長﨑ペアが勝利。苦戦したものの4回戦へと駒を進めた。

試合後、対戦相手の大西/小脇ペアに話を聞くと、大西は「相手があまり調子が良くなくて、僕たちは悪くなかった。しかし、最後でミスが出たのは(相手との)差かな、と。相手は世界で活躍しているので、ストップやツッツキでなくレシーブからしっかり攻めていこう、と作戦は立てていた」とコメント。攻める姿勢を保ち続けたことで、接戦に持ち込めたことを語った。

攻める大西/小脇ペアに対し、しのぎ切り勝利した張本/長﨑ペアは、8強入りをかけ時吉佑一(流山アストロズ)/小林光優(木更津総合高)ペアと対戦する。

>>史上最年少王者の張本 Vの秘訣は「大人の卓球」への進化<グランドファイナル2018>

詳細スコア


写真:大西尚弥(写真左)と小脇瑞穂(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

○張本智和(木下グループ)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)3-2 大西尚弥/小脇瑞穂(関西学院大)
10-12/11-6/11-6/8-11/11-6

>>長﨑美柚のTリーグでの活躍はこちら

男子ランキング
2020.09.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt