【全日本卓球2020直前企画】前回大会の名勝負を振り返る・ダブルス編 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:大会2連覇を果たした早田ひな(左)・伊藤美誠ペア/撮影:ラリーズ編集部

全日本 【全日本卓球2020直前企画】前回大会の名勝負を振り返る・ダブルス編

2020.01.10 文:ラリーズ編集部

全日本卓球選手権大会(以下、全日本)が2020年1月13日~19日で丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)で開催される。

東京五輪を控えた2020年、令和初の全日本ではどのようなドラマが生まれるのだろうか。

そこで今回は前回大会、平成最後の全日本の名勝負をピックアップして振り返る。

>>卓球日本代表・倉嶋監督「張本智和が頭1つ抜けている」 全日本の見どころ語る

混合ダブルス

全日本卓球2019 混合ダブルス3回戦

吉村真晴/石川佳純 1-3 〇髙見真己/船本さくら
6-11/8-11/11-8/4-11


写真:吉村真晴・石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

2017年の世界選手権混合ダブルスで金メダルを獲得した吉村/石川ペアが、3回戦で髙見/船本ペアに敗れた。


写真:髙見真己(右)・船本さくら(ともに愛知工業大)/撮影:ラリーズ編集部

序盤から船本の安定したプレーと、髙見の威力あるバックハンドやチキータが上手く噛み合い、愛知工業大ペアが大金星をあげた。吉村も「あんなに速いチキータは普段石川さんも受けないボール」と語れば、石川も「(髙見のバックハンドが)どっちにくるか分からなかった」と悔しさをにじませた。

世界王者ペアが3回戦で姿を消す大波乱となった。

全日本卓球2019 混合ダブルス決勝

森薗政崇/伊藤美誠 3-1 張本智和/長﨑美柚
11-5/6-11/12-10/11-8


写真:森薗政崇/伊藤美誠ペア/撮影:ラリーズ編集部

2018年大会から1ゲームも落とさず無傷の11連勝で勝ち上がってきた森薗/伊藤ペアが、張本/長﨑ペアに1ゲームこそ落とすも2連覇を飾った。

森薗のフォアで動き切るフットワークとチキータ、伊藤の巧みなサーブレシーブは抜群のコンビネーションを発揮した。張本/長﨑ペアも初ペアリングながら決勝進出を健闘を見せた。


写真:張本智和/長崎美柚ペア/撮影:ラリーズ編集部

2020年大会も両ペアの出場が決まっており、再戦となるか注目が集まる。

女子ダブルス

全日本卓球2019 女子ダブルス準決勝

〇伊藤美誠/早田ひな 3-0 佐藤瞳/橋本帆乃香
11-5/11-6/14-12


写真:早田ひな(左)・伊藤美誠ペア/撮影:ラリーズ編集部

女子ダブルス準決勝では、伊藤/早田ペアが、佐藤/橋本のカットマダブルスに3-0で勝利した、決勝進出を決めた。石川佳純/平野美宇ペアを破り勢いに乗る佐藤・橋本ペアをまったく寄せ付けず圧巻のストレート勝ちとなった。

勢いそのままに伊藤/早田の“みまひな”ペアは決勝も制し、見事2連覇を達成した。

男子ダブルス

全日本2019 男子ダブルス準決勝

〇張本智和/木造勇人 3-1 水谷隼/大島祐哉
15-13/11-9/5-11/12-10


写真:勝利の喜びを露にする張本智和/木造勇人ペア/撮影:ラリーズ編集部

男子ダブルス準決勝、張本/木造ペアが前年王者の水谷/大島ペアを3-1で下す戦いぶりを見せた。奇しくも全4選手は男子シングルスでもベスト4に入った実力者で、ハイレベルな戦いとなった。

張本/木造の若手コンビが1ゲーム目のデュースを制し、スタートダッシュを決め、そのままゲームカウント3-1で逃げ切った。

前回王者を下した張本/木造ペアはそのまま決勝で松山/髙見ペアを下し、頂点へと駆け上がった。

全日本2020ではどのような名勝負が生まれるのだろうか。全日本の熱い戦いに注目だ。

>>「優勝に一番近いのは伊藤美誠」 卓球・馬場女子代表監督が全日本見どころを解説

男子ランキング
2020.09.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.21
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt