伊藤美誠、3連覇へまずはランク入り 平野美宇が敗れる波乱<全日本卓球2020> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 伊藤美誠、3連覇へまずはランク入り 平野美宇が敗れる波乱<全日本卓球2020>

2020.01.17 文:ラリーズ編集部

<天皇杯・皇后杯 2020年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)1月13日~19日>

17日、全日本卓球選手権は大会5日目を迎えた。女子シングルス5回戦が行われ、3連覇を狙う伊藤美誠(スターツ)や世界ジュニア銀・小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)らがランク入りを決めた。

>>伊藤美誠が“楽しむ姿勢”貫くワケ

伊藤美誠、3連覇に向け視界良好

勝利すれば全日本ランク入りが決まる5回戦、中学生の小塩、高校生の出澤杏佳(大成女子高)、大学生の梅村優香(中央大)、社会人の前田美優(日本生命)ら各世代のトップ選手が続々と登場した。


写真:伊藤美誠(スターツ)/撮影:ラリーズ編集部

第1シードの伊藤は、三條裕紀(青山学院大)と対戦した。三條の回転量あるフォアドライブとバックの異質ラバーの組み合わせに第2ゲームを落とすも、その他のゲームは安定した攻めを見せた。ゲームカウント4-1で勝利し、ランク入りを勝ち取った。


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

一方の東京五輪団体戦代表を勝ち取った平野美宇は、昨年と同じく5回戦で大苦戦となった。フォア表ソフト、バック粒高ラバーの異質攻守の出澤を相手にゲームカウント1-3と後がなくなる。そのまま出澤の勢いを止められず、ゲームカウント1-4で敗戦を喫した。


写真:安藤みなみ(十六銀行)/撮影:ラリーズ編集部

他には、安藤みなみ、加藤知秋(ともに十六銀行)、田中千秋(豊田自動織機)らが勝ち上がり、ランク入りを決めた。

>>大会5日目見どころはこちら

女子シングルス5回戦 結果一部


写真:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)/撮影:ラリーズ編集部

宋恵佳(中国電力) 1-4 〇田中千秋(豊田自動織機)

〇出澤杏佳(大成女子高) 4-1 平野美宇(日本生命)

山本笙子(中央大) 2-4 〇安藤みなみ(十六銀行)

〇伊藤美誠(スターツ) 4-1 三條裕紀(青山学院大)

梅村優香(中央大) 0-4 〇加藤知秋(十六銀行)

〇小塩遥菜(JOCエリートアカデミー) 4-1 奥下茜里(日本大)

男子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.23
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt