森薗、及川が初V目指し決勝進出 敗れた田中、吉田は相手称えるコメント<卓球全日本男子> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

全日本 森薗、及川が初V目指し決勝進出 敗れた田中、吉田は相手称えるコメント<卓球全日本男子>

2021.01.17 文:ラリーズ編集部

<2021年全日本卓球選手権大会(一般・ジュニアの部)、2021年1月11日~17日>

全日本卓球選手権は大会最終日、男子シングルス準決勝が行われた。森薗政崇(BOBSON)が田中佑汰(愛知工業大学)に、及川瑞基(木下グループ)が吉田雅己(栃木県スポーツ協会)にそれぞれ勝利し、初の決勝進出を決めた。


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

本日14時から行われる男子シングルス決勝は、青森山田先輩後輩の森薗vs及川の組み合わせとなった。どちらが勝っても初優勝となる。

森薗に敗れた田中佑汰のコメント


写真:田中佑汰(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

森薗戦について

普段からTリーグの岡山リベッツでもお世話になっている先輩だった。手の内は知り尽くしてるまでは言わないが知っているが、やっぱり強かった。

後半巻き返しつつあった要因

前半自分が凡ミスをしてしまったり、もったいないミスが目立っていたので、そういうのも含めて開き直った。凡ミスはしてるんですけど、格上の選手に対してはリスクは必要なのかなと、そこを承知で切り替えてやろうかなと思いました。


写真:田中佑汰(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

森薗の強さ

1本強打が入っても、なかなか決まらない選手という印象。連続して攻撃しないといけないとは思っていたが、やってみて改めて1本多く返ってくるなと思いました。


写真:森薗政崇(BOBSON)/撮影:ラリーズ編集部

今後の抱負

僕自身今回、ベスト16を目標にしていて、まずは戸上選手に勝つのが目標だった。自分自身スーパーシードに勝ったことがなかったので、来年のスーパーシードを獲得して、来年もっと良い成績を、と思っていたが、(戸上が棄権で)試合がなくなってしまった。


写真:田中佑汰(愛知工業大学)/撮影:ラリーズ編集部

来年の準備のためと思っていたが、来年はもっと上を目指してやりたい。この1年大変だったので、お世話になった方々に恩返しをと思っていた。来年好成績を出して恩返ししたい。

及川に敗れた吉田雅己のコメント


写真:吉田雅己(栃木県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部

試合を振り返って

残念と思うところはあまりなく、自分の力は出せた。去年は初めての準決勝で頭が真っ白になって悔いの残る準決勝だったが、今回は出し切れたので悔いはない。

及川選手がなかなか簡単にミスをしてくれないので、1本とるのに苦労する。Tリーグ2戦やったんですけど、両方0-3で今回も同じような展開。ただ、2ゲームをとれて過去2試合よりも良い試合ができた。


写真:吉田雅己(栃木県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部

ベスト4に五輪選手が残れない中、しっかりと勝ち上がったことについて

五輪選手もここが本番ではないというか、五輪のときとは意識が違うと思っていて、そういうときしかチャンスがない。ベスト4に五輪選手が入ってなかったので自分にもチャンスがあったが勝ち切れずそこは残念でした。


写真:吉田雅己(栃木県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部

どういう準備をしてきたか

今回はほんとに楽しくやろうと。去年は考えすぎてナーバスになっていた。その経験を活かして、勝っても負けても自分のプレーを出し切って楽しくやろうと思っていた。

今後の抱負


写真:吉田雅己(栃木県スポーツ協会)/撮影:ラリーズ編集部

正直、僕は認められないというか、プレーも地味なので、評価してもらえない。ただ、2大会連続ベスト4に入れたので、少しは評価してくれるかなと思っています。

自分の卓球では世界では戦えないと思っていて、今日の準決勝は勝ち負けも大事だが、準決勝では世界で戦えるプレーを意識して臨みました。今日、世界で戦えるプレーをできたかと言えばできなかった。全日本で勝つというよりも世界で勝つということを意識して来年はやりたい。


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

バックハンドの技術がまだまだ。及川選手との差はそこ。及川選手は現代に合った卓球をしている。自分はその技術力はないので、もっと強化しないといけないなと思っています。

男子シングルス準決勝


写真:及川瑞基(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

〇森薗政崇 4-1 田中佑汰
13-11/11-9/11-5/13-15/13-11

吉田雅己 2-4 〇及川瑞基
8-11/11-6/11-4/8-11/

及川瑞基インタビュー

>>張本コーチの愛弟子・及川瑞基 「スピード×思考」の卓球で世界へ挑む

吉田雅己インタビュー

>>吉田雅己#1 “サムライ”卓球Tリーグへ挑む ケガを乗り越えろ

>>吉田雅己#2 日本人初のインドリーグへ 優勝・MVP獲得の裏側 

>>吉田雅己#3 なぜ僕は「勝ちきれない卓球選手」なのか 巨人・丹羽孝希の登場

>>吉田雅己#4 丹羽のいぬ間に必死に全国制覇、消えないモヤモヤ

>>吉田雅己#5 秘技・ハラキリサーブ!? 卓球新技を特別公開

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt