石川佳純が意地の表彰台 朱雨玲が2連覇【アジアカップ最終日・女子 最終結果】


<LION ITTF・ATTUアジアカップ横浜2018 4月6日(金)~8日(日)横浜文化体育館>

女子は中国の朱雨玲がアジアカップ2連覇

横浜文化体育館で行われているアジアカップ2018。大会最終日の8日には、決勝と順位決定戦が行われた。

アジアカップ2連覇を果たした朱雨玲

女子決勝では朱雨玲(中国)が陳夢(中国)との同士討ちを制し、優勝を飾った。朱雨玲は横回転サービスに対する陳夢のストップレシーブが甘くなったのを見逃さずに攻撃し、ラリーを優位に進めた。

準優勝の陳夢

石川佳純が3位入賞

3位決定戦に臨んだ石川佳純は、3月のドイツオープンに続き、鄭怡静(チャイニーズタイペイ)と対戦。フルゲームの熱戦となった試合は、ラリーの中で積極的に鄭怡静のフォアハンドをバックドライブで狙い、要所でフォアストレートへのドライブが光った石川に軍配が上がり、石川は見事3位入賞を決めた。

鄭怡静との対戦直後に石川は「勝負所でファインプレーもあり、流れに乗れた。勝って3位で笑顔で終われてよかった」と振り返った。

勝利で最終日を終え、世界選手権への意気込みを語った平野美宇

平野美宇は、初日の予選リーグで敗れた杜凱琹(香港)と5・6位決定戦で対戦。「初日より自信を持てて、調子が上がった」という平野が4-2で勝利した。

試合後に平野は「予選は良いプレーができなかったが、5位まで上がれて良かった。世界卓球に向けて中国選手に少しでも近づいて、日本チームの勝利に貢献したい」と抱負を語った。

アジアカップ2018 女子最終日結果

<7・8位決定戦>
陳思羽(チャイニーズタイペイ) 4 (5, 6, -7, -5, 10, 10) 2 徐孝元(韓国)

<5・6位決定戦>
平野美宇 4 (-9, 4, 6, -8, 10, 9) 2 杜凱琹(香港)

<3位決定戦>
石川佳純 4 (9, -7, 4, -9, 8, -8, 7) 3 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

<決勝>
朱雨玲(中国) 4 (10, 10, -10, 3, 4) 1 陳夢(中国)

アジアカップ女子最終順位

1 朱雨玲(中国)
2 陳夢(中国)
3 石川佳純(日本)
4 鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
5 平野美宇(日本)
6 杜凱琹(香港)
7 陳思羽(チャイニーズタイペイ)
8 徐孝元(韓国)

試合結果の見方

表記ルール: 選手名A ゲーム数(各ゲームのポイント)ゲーム数 選手名B
各ゲームのポイントの表記例: 選手Aが選手Bと対戦し、1ゲーム目11対6、2ゲーム目11対5、3ゲーム目12対10で選手Aが勝ち、選手Bが負けた場合、「選手A 3(6,5,10)0 選手B」 または 「選手B 0(-6,-5,-10)3 選手A」 と表記。

文:ラリーズ編集部

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする