世界王者・馬龍が初戦敗退 日本勢優勝なるか<卓球・ITTFブルガリアOP 男子3日目の結果>


*写真は2018年ジャパンオープンの馬龍(中国)

<ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン(パナギュリシテ)、2018年8月14日〜19日>

16日、ワールドツアー・ブルガリアオープンが3日目を迎え、男子は一般シングルス・ダブルスの決勝トーナメントが始まった。

男子一般シングルスでは張本智和(8月度世界ランキング6位・15歳)=JOCエリートアカデミー=を筆頭に、丹羽孝希(同11位・23歳)=スヴェンソン=、松平健太(同19位・27歳)=木下グループ=、大島祐哉(同32位・24歳)=木下グループ=、森薗政崇(同41位・23歳)=岡山リベッツ=が1回戦を突破した。

森薗は今週開幕のTリーグで岡山リベッツのチームメイトとなる上田仁(同28位・26歳)=岡山リベッツ=との対決を制し、見事今年7月に開催されたオーストラリアオープンでのリベンジを果たした。

また一方で現世界王者の馬龍(同2位・29歳、2015年・2017年世界選手権男子単優勝、リオ五輪男子単金メダリスト)=中国=がイギリスのエース・ピッチフォード(同48位・25歳)=イングランド=にゲームカウント3-4のフルゲームで敗れる波乱が起きた。ピッチフォードは今年の世界選手権(団体)予選で、張本、水谷を破り、イングランドを勝利に導くなど、活躍を見せていた。

馬龍は今大会の優勝候補でもあったため、日本勢にも優勝のチャンスが出てきたことになる。

男子 ブルガリアオープン3日目の結果

男子一般シングルス 決勝トーナメント

<1回戦>
○松平健太 4-0 トキッチ・ボージャン(スロベニア)
11-4/11-7/11-4/11-8

○張本智和 4-0 白號均(韓国)
11-9/11-6/11-7/11-7

吉村真晴 2-4 ○馬特(中国)
9-11/3-11/8-11/11-7/11-9/7-11

上田仁 2-4 ○森薗政崇
11-9/6-11/9-11/10-12/11-7/4-11

○丹羽孝希 4-1 キュウ・ダン(ドイツ)
8-11/11-5/11-4/11-8/11-7

○大島祐哉 4-0 ゴロバノフ・スタニシラブ(ブルガリア)
11-6/11-4/12-10/11-6

男子一般ダブルス 決勝トーナメント

<1回戦>
○森薗政崇/大島祐哉 3-2 デボス・ロビン(ベルギー)/オラウ・ベネデク(フィンランド)
10-12/11-4/11-8/7-11/11-6

○丹羽孝希/上田仁 3-2 ニュイティンク・セドリック(ベルギー)/ロビノ・クエンチン(フランス)
8-11/11-9/6-11/11-6/11-7

文:ラリーズ編集部
写真:新華社/アフロ

関連リンク

連覇目指す石川佳純 日本時間21:50から単ベスト8決定戦<卓球・ITTFブルガリアOP>
平野・石川が単初戦快勝<卓球・ITTFブルガリアOP 女子3日目の結果>
大島・森薗が予選突破<卓球・ITTFブルガリアOP 男子2日目の結果>
韓国OP優勝の朱雨玲が1位キープ|女子世界ランキング(8月最新発表)
張本智和が6位 自己最高をまたも更新|男子世界ランキング(8月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする