【卓球】及川瑞基が決勝Tへ 初戦は青森山田の“憧れの先輩”と<ITTFチェコOP 男子2日目の結果>


*写真は及川瑞基(専修大学)

<ITTFワールドツアー・チェコオープン(オロモウツ)、2018年8月21日〜26日>

22日、ワールドツアー・チェコオープンが2日目を迎え、男子一般予選とU21シングルスの決勝戦までが行われた。

男子一般シングルス予選の結果、及川瑞基(8月度世界ランキング76位・21歳)=専修大学=、平野友樹(同152位・26歳)=協和発酵キリン=、高木和卓(同293位・29歳)=東京アート=が決勝Tに進出し、シード選手の張本智和(同6位・15歳)=JOCエリートアカデミー=らとともに優勝を目指す。

及川は決勝T初戦で丹羽孝希(同11位・23歳)=スヴェンソン=と日本時間23時から対戦予定だ。丹羽は及川の青森山田時代の先輩にあたり、Rallysが行った過去のインタビューでは丹羽が当時から別格であったことを告白していた。

憧れの先輩である丹羽にどこまで迫ることができるのか、注目が集まる。

男子 チェコOP2日目の結果

男子一般シングルス 予選トーナメント

<3回戦>
 ○神巧也 4-1 マルコス・マドリード(メキシコ)
11-4/11-4/12-10/7-11/11-6

○及川瑞基 4-1 ナンドアー・エクセキ(ハンガリー)
11-7/11-3/5-11/11-2/11-4

宇田幸矢 1-4 ○ルボミール・ピシュテイ(スロバキア)
6-11/9-11/11-13/11-2/2-11

定松祐輔 3-4 ○金民赫(韓国)
6-11/7-11/11-6/11-9/9-11/11-9/9-11

○三部航平 4-1 スタニスラブ・ゴロバノフ(ブルガリア)
9-11/11-3/11-9/11-6/11-7

木造勇人 0-4 ○張煜東(中国)
7-11/7-11/4-11/9-11

金光宏暢 3-4 ○セデリック・ニュイティンク(ベルギー)
11-7/9-11/11-6/11-6/5-11/2-11/5-11

○吉村和弘 4-1 デニ・コズル(スロベニア)
11-4/11-5/8-11/11-9/14-12

○平野友樹 4-1 イェンス・ルンクウィスト(スウェーデン)
11-9/11-6/11-4/5-11/12-10

○高木和卓 4-1 アレクシー・リベントソフ(ロシア)
13-11/9-11/11-8/11-5/11-2

<4回戦>
神巧也 0-4 ○トミスラブ・プカー(クロアチア)
6-11/6-11/6-11/7-11

○及川瑞基 4-1 ルボミール・ピシュテイ(スロバキア)
12-10/11-5/4-11/11-9/11-7

三部航平 1-4 ○張煜東(中国)
3-11/10-12/12-10/5-11/1-11

吉村和弘 2-4 ○セデリック・ニュイティンク(ベルギー)
11-13/9-11/11-6/6-11/11-6/9-11

○平野友樹 4-0 ルボミアー・アンカーイク(チェコ)
11-3/18-16/11-8/11-6

○高木和卓 4-3 グスターボ・ツボイ(ブラジル)
12-10/10-12/11-6/11-4/6-11/3-11/11-6

男子U21シングルス

<準決勝>
○木造勇人 3-0 金光宏暢
16-14/11-9/11-8

松山祐季 2-3 ○ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)
11-6/4-11/11-6/11-13/6-11

<決勝>
○木造勇人 3-2 ダルコ・ヨルジッチ(スロベニア)
12-10/11-3/8-11/8-11/11-6

文:ラリーズ編集部
写真:伊藤圭

関連リンク

【卓球】木造勇人がU21男子単優勝<ITTFチェコOP>
【卓球】森薗美月が決勝T進出 次戦は平野美宇と<ITTFチェコOP 女子2日目の結果>
【卓球】張本下した好調松平が銀メダル<ITTFブルガリアOP 男子6日目の結果>
水谷、メガ盛り丼で「食トレ」。上田仁からは「絶対残す」とコメント
韓国OP優勝の朱雨玲が1位キープ|女子世界ランキング(8月最新発表)

この記事のURLとタイトルをコピーする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする