【卓球】石川が今年2度目のワールドツアー制覇<ITTFチェコOP 女子最終日の結果> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2018.08.27

【卓球】石川が今年2度目のワールドツアー制覇<ITTFチェコOP 女子最終日の結果>

*写真は石川佳純(全農)

<ITTFワールドツアー・チェコオープン(オロモウツ)、2018年8月21日〜26日>

石川がドイツオープンぶりのワールドツアー優勝

26日に大会最終日となったワールドツアー・チェコオープンでは、各種目で決勝戦が行われた。

女子一般シングルスの決勝に石川佳純(8月度世界ランキング4位・25歳)=全農=が女子一般シングルスで勝ち残り、文佳(同178位・29歳)=中国=と対戦した。文佳は今大会準々決勝にて伊藤美誠(同6位・17歳)=スターツSC=にフルゲームの末勝利した強敵だ。

第1ゲームを奪われた石川はフォアハンドの鋭いカウンターや、強化してきたサーブが効き、第2、3ゲームを取り返す。

文佳の反撃に遭い、ゲームカウント2-2となるもそこから石川の猛攻が始まりゲームカウント3-2、点数は10-8とマッチポイントを迎えた、しかし文佳が驚異的な粘りを発揮し、10-10のデュースに持ち込まれる。(卓球では10-10になった場合、先に2点差をつけたほうが勝利となる。)

効果的だった巻き込みサーブ(手首を内側に巻き込むようにして横回転をかけるサーブ)を出し、サービスエースを奪った石川だったが、ここで文佳がレット(サーブがネットに引っかかり入った場合、やり直しとなる)を主張し、ゲームは一時中断に。多くの選手が集中力を途切らせやすい悪い中断ではあったものの、集中力を保った石川が決め切り、石川は今年3月に開催されたドイツーオープン以来のワールドツアー優勝を飾った。

女子 チェコオープン最終日の結果

女子一般シングルス

<決勝>
○石川佳純 4-2 文佳(中国)
8-11/11-8/11-4/7-11/11-6/13-11

女子一般ダブルス

<決勝>
サン・ジャイ(クロアチア)/ゼン・ジャン(シンガポール) 0-3 ○劉高陽/張瑞(中国)
6-11/11-13/2-11

女子 チェコオープン最終結果

女子一般シングルス

<優勝>
石川佳純

<準優勝>
文佳(中国)

<ベスト4>
芝田沙季、武楊(中国)

女子一般ダブルス

<優勝>
劉高陽/張瑞(中国)

<準優勝>
サン・ジャイ(クロアチア)/ゼン・ジャン(シンガポール)

女子U21シングルス

<優勝>
王芸迪(中国)

<準優勝>
陳可(中国)

<ベスト4>
長崎美柚、張瑞(中国)

文:ラリーズ編集部
写真:松尾/アフロスポーツ

関連するキーワード
コメント
0
男子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
樊振東(中国)
17001 pt
2
許キン(中国)
15835 pt
3
張本智和(日本)
14625 pt
1
張本智和(日本)
13860 pt
2
丹羽孝希(日本)
12466 pt
3
水谷隼(日本)
11205 pt
女子ランキング
2019.01.21
世界
日本
1
丁寧 (中国)
16515 pt
2
朱雨玲 (中国)
15969 pt
3
石川佳純(日本)
15248 pt
1
石川佳純(日本)
15248 pt
2
伊藤美誠(日本)
14135 pt
3
平野美宇(日本)
13065 pt
SNS
FOLLOW US