大川/本井(四天王寺)、ノーシードから頂点へ<卓球・インターハイ2019 女子ダブルス> | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
令和元年度全国高等学校卓球選手権大会(インターハイ2019)
2019年8月16日~2019年8月20日・鹿児島
2019.08.18

大川/本井(四天王寺)、ノーシードから頂点へ<卓球・インターハイ2019 女子ダブルス>

写真:大川真実(四天王寺)/撮影:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

18日、インターハイは3日目を迎え、女子ダブルス決勝戦が行われた。決勝では、大川/本井(四天王寺)ペアと高田/岡田(明徳義塾)ペアが対戦した。

大川/本井は、準々決勝で昨年優勝ペアの出雲/相馬(遊学館)を下し、ノーシードから勝ち上がってきた。対する高田/岡田は、チームのベスト4入りに貢献した、明徳義塾のレギュラーダブルス。学校対抗の部・準決勝では、四天王寺の高橋/中森ペアに敗れたが実力は十分。熱戦が期待される決勝戦となった。

>>卓球試合記録データベース「ピンポニア」で激闘の記録をチェック

試合はフルゲームの接戦に

ラリーでのミスが少ない四天王寺・大川/本井ペアが1ゲーム目を奪取する。

2ゲーム目、明徳義塾ペアにリードされる場面が見られるも、中陣からも打ち返せる四天王寺ペアが安定したプレーを見せ、このゲームも奪い、ゲームカウント2-0と優勝に王手をかける。

しかし、3ゲーム目は、明徳義塾・岡田の巻き込みサーブ(手首を内側に巻き込むようにして逆横回転をかけるサーブ)から先に打ち込まれる展開が続き、ゲームを落としてしまう。4ゲーム目も明徳義塾ペアが積極的な攻めを見せ、ゲームカウントは2-2のイーブンに。

優勝のかかった最終第5ゲーム、ラリーでボールを何とかねじ込み、ミスをしなかった四天王寺・大川/本井ペアが嬉しい優勝を飾った。

>>インターハイ歴代優勝一覧 女子編

女子ダブルス決勝戦

高田/岡田(明徳義塾)
写真:準々決勝での高田/岡田(明徳義塾)/撮影:ラリーズ編集部

〇大川/本井(四天王寺) 3-2 高田/岡田(明徳義塾)
11-4/11-8/7-11/7-11/11-6

>>福原愛も使った“最強サーブ”の聖地~王子卓球の過去と今~

文:ラリーズ編集部

コメント
0