愛工大名電、4年連続18度目の優勝<卓球・インターハイ2019> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:愛工大名電の曽根翔/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 愛工大名電、4年連続18度目の優勝<卓球・インターハイ2019>

2019.08.19 文:ラリーズ編集部

<インターハイ2019 2019年8月16日~8月20日>

インターハイ4日目の19日、男子学校対抗・決勝戦が行われ、愛工大名電(愛知)と野田学園(山口)が対戦した。愛工大名電には4連覇が、野田学園には初優勝がかかった決勝戦であった。

>>卓球試合記録データベース「ピンポニア」で激闘の記録をチェック

愛工大名電が劇的な勝利で流れを掴む

1番は愛工大名電から加山、野田学園からエース・戸上が登場した。試合は戸上が2ゲーム連取し、第3ゲームも10-5とマッチポイント握る。しかし、そこから加山が粘って逆転で3ゲーム目を奪うと、そのまま第4ゲームも奪いフルゲームへともつれ込む。最終第5ゲーム、戸上がマッチポイント握るも、またも加山が逆転し勝利を手にした。

1番の試合が決勝戦の流れを決めた。2番では野田学園の今泉が第1ゲームを先取するも、愛工大名電・曽根が3ゲームを連取し、愛工大名電が2-0と勝利に王手をかける。

3番ダブルスでは、ダブルス優勝の戸上/宮川ペアに対し、愛工大名電がいつもとペアを変えて曽根/篠塚で挑む。この作戦が功を奏し、愛工大名電ペアがラリーで戸上/宮川を上回る。最後はバック前に浮いたボールを宮川がミスし、ゲームセット。

愛工大名電が野田学園に対し3-0で優勝を決めた。愛工大名電はこれで4年連続18度目の優勝となった。

男子学校対抗 決勝戦


写真:初優勝とはならなかった野田学園/撮影:ラリーズ編集部

<愛工大名電 3-0 野田学園>
〇加山 3-2 戸上
〇曽根 3-1 今泉
〇曽根/篠塚 3-2 戸上/宮川

>>卓球・インターハイ歴代優勝一覧 男子編

男子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt