卓球・インターハイ歴代優勝一覧 男子編|平成30年分・完全保存版 | 卓球専門WEBメディア「Rallys(ラリーズ)」
前の記事へ
次の記事へ
2019.08.16

卓球・インターハイ歴代優勝一覧 男子編|平成30年分・完全保存版

写真:青森山田高校時代の水谷隼/提供:アフロスポーツ

2019年8月16日から令和初となる全国高等学校卓球選手権大会(以下、インターハイ)が開催している。そこで今回、平成のインターハイ男子の歴代優勝者を振り返り一覧にまとめた。

>>インターハイ2019速報中!卓球試合記録データベース「ピンポニア」でチェック

インターハイ 学校対抗の部

平成におけるインターハイ(学校対抗の部)の歴史を語るうえで外せないのが青森山田高校だろう。

青森山田は平成30年の歴史のうち16度の優勝を果たしている。平成9年で優勝してから平成15年度、平成16年度に仙台育英高に、平成25年度に希望ヶ岡高に優勝の座を奪われた以外は、強化終了となった平成27年度まですべて優勝している。

ちなみにこの時の仙台育英には元日本代表の岸川聖也が、希望が丘には現在Tリーグ・木下マイスター東京に所属している田添健汰・響兄弟が在籍していた。

青森山田の強化終了後は愛工大名電が3連覇しており、平成では6度優勝している。これは青森山田に続く優勝回数である。このように振り返ってみるといかに青森山田が強かったがわかるだろう。

>>【水谷隼#2】「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

歴代優勝校一覧

平成 1年度 埼工大深谷高
平成 2年度 埼工大深谷高
平成 3年度 愛工大名電高
平成 4年度 愛工大名電高
平成 5年度 埼工大深谷高
平成 6年度 上宮高
平成 7年度 愛工大名電高
平成 8年度 東山高 
平成 9年度 青森山田高
平成10年度 青森山田高
平成11年度 青森山田高
平成12年度 青森山田高
平成13年度 青森山田高
平成14年度 青森山田高
平成15年度 仙台育英学園高
平成16年度 仙台育英学園高
平成17年度 青森山田高
平成18年度 青森山田高
平成19年度 青森山田高
平成20年度 青森山田高
平成21年度 青森山田高
平成22年度 青森山田高
平成23年度 青森山田高
平成24年度 青森山田高
平成25年度 希望が丘高
平成26年度 青森山田高
平成27年度 青森山田高
平成28年度 愛工大名電高
平成29年度 愛工大名電高
平成30年度 愛工大名電高

インターハイ 個人の部

インターハイでシングルスを3連覇した選手は2人いる。元日本代表の宋海偉(吉田海偉)岸川聖也だ。意外なことに水谷隼はダブルスで3連覇しているものの、シングルスでは1度しか優勝していない。

高1、高2と大会を連覇した丹羽孝希は、3人目となる大会3連覇が期待されていたが、ロンドン五輪の代表に選出されたためインターハイに出場することができず、3連覇達成とはならなかった。

他にも、坂本竜介氏(現・T.T彩たま監督)や田勢邦史氏(現・男子ジュニアナショナルチーム監督)など卓球界の重鎮たちが名前を連ねている。

インタビューで振り返る「結果を残す思考法」#7 坂本竜介

歴代優勝者一覧

※上がシングル、下がダブルスの優勝者
平成1年度
 森本洋治(大阪・上宮)
 入山浩治/小畑幸生(埼玉・埼工大深谷)
平成2年度
 今枝一郎(愛知・愛工大名電)
 中田幸信/窪久司(埼玉・埼工大深谷)
平成3年度
 今枝一郎(愛知・愛工大名電)
 坂巻雄一/窪久司(埼玉・埼工大深谷)
平成4年度
 岡本倫之(愛知・桜丘)
 田﨑俊雄/渡辺敬文(埼玉・埼工大深谷)
平成5年度
 周晅(愛知・桜丘)
 村上裕和/竹谷康一(埼玉・埼工大深谷)
平成6年度
 遊澤亮(大阪・上宮)
 遊澤亮/辻本真也(大阪・上宮)
平成7年度
 王海軍(青森・青森山田)
 高橋卓斗/若林努(高知・明徳義塾)
平成8年度
 木方慎之介(東京・実践学園)
 真田浩二/金氏祐一(愛知・愛工大名電)
平成9年度
 宋海偉(青森・青森山田)
 熊田智幸/宮下渉(京都・東山)
平成10年度
 宋海偉(青森・青森山田)
 宋海偉/田㔟邦史(青森・青森山田)
平成11年度
 宋海偉(青森・青森山田)
 宋海偉/田㔟邦史(青森・青森山田)
平成12年度
 陳晨(岩手・大野)
 坂本竜介/高木和 健一(青森・青森山田)
平成13年度
 郝強(宮城・仙台育英)
 坂本竜介/高木和 健一(青森・青森山田)
平成14年度
 阮震杰(愛知・桜丘)
 郝強/小野竜也(宮城・仙台育英)
平成15年度
 岸川聖也(宮城・仙台育英)
 白神俊佑/唐興賀(岡山・関西)
平成16年度
 岸川聖也(宮城・仙台育英)
 垣原秀和/森田翔樹(青森・青森山田)
平成17年度
 岸川聖也(宮城・仙台育英)
 高木和卓/水谷隼(青森・青森山田)
平成18年度
 高木和卓(青森・青森山田)
 高木和卓/水谷隼(青森・青森山田)
平成19年度
 水谷隼(青森・青森山田)
 水谷隼/松平賢二(青森・青森山田)
平成20年度
 松平健太(青森・青森山田)
 王子康/山谷仁生(青森・青森山田)
平成21年度
 松平健太(青森・青森山田)
 松平健太/上田仁(青森・青森山田)
平成22年度
 丹羽孝希(青森・青森山田)
 平野友樹/吉村真晴(山口・野田学園)
平成23年度
 丹羽孝希(青森・青森山田)
 吉村真晴/有延大夢(山口・野田学園)
平成24年度
 吉田雅己(青森・青森山田)
 森薗政崇/竹岡純樹(青森・青森山田)
平成25年度
 森薗政崇(青森・青森山田)
 田添健汰/上村慶哉(福岡・希望が丘)
平成26年度
 坪井勇磨(青森・青森山田)
 坪井勇磨/三部航平(青森・青森山田)
平成27年度
 三部航平(青森・青森山田)
 松山祐季/木造勇人(愛知・愛工大名電)
平成28年度
 木造勇人(愛知・愛工大名電)
 髙見真己/田中佑汰(愛知・愛工大名電)
平成29年度
 木造勇人(愛知・愛工大名電)
 木造勇人/髙見真己(愛知・愛工大名電)
平成30年度
 戸上隼輔(山口・野田学園)
 田中佑汰/加山裕(愛知・愛工大名電)

>>インターハイ女子歴代優勝一覧はこちら

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
許キン(中国)
15645 pt
2
樊振東(中国)
15200 pt
3
馬龍 (中国)
14955 pt
1
張本智和(日本)
13345 pt
2
丹羽孝希(日本)
11200 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.09.20
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16605 pt
2
丁寧 (中国)
15020 pt
3
朱雨玲 (中国)
14710 pt
1
伊藤美誠(日本)
12710 pt
2
石川佳純(日本)
13133 pt
3
平野美宇(日本)
12050 pt
SNS
FOLLOW US