平野美宇、石川佳純に勝利 伊藤美誠の待つ決勝へ<ジャパントップ12> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)
2019年12月21日~2019年12月22日・仙台
2019.12.22

平野美宇、石川佳純に勝利 伊藤美誠の待つ決勝へ<ジャパントップ12>

写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

22日、LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12、第2ステージの女子シングルス準決勝が行われた。伊藤美誠(スターツ)が早田ひな(日本生命)をゲームカウント4-2で下し、決勝進出を決めた。

>>3度目五輪へ石川佳純「最高のプレーをしたい」 ロンドン、リオではメダル獲得

かすみう対決


写真:平野美宇(日本生命)/撮影:ラリーズ編集部

先週のグランドファイナルまで東京五輪シングルス枠を争っていた両選手。わずかな差で石川がシングルス枠を掴み、平野は涙を流した。直近の対戦は、五輪選考の分かれ目ともなったノースアメリカンオープンの決勝。その際は、石川が勝利している。

そこから1週間、平野は前日の世界卓球最終選考会を「久しぶりにプレッシャーもなく思い切ってできた」と1位通過し、2020年韓国・釜山での世界卓球の枠を手にした。一方の石川も「1年以上ぶりに休めた。祖母に会いに行ったり温泉に行ったりしてました」とリフレッシュできたと語る。


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

お互いプレッシャーから解放されたこの試合では、平野が思い切った攻めを見せ、石川を追い詰めていく。石川は「レシーブが上手くいかなかった」と平野のサーブに苦しみ、競り合いをものにできない。最後まで両ハンドでコースを突いた平野がゲームカウント4-2で勝利を収めた。

決勝は平野と伊藤美誠(スターツ)の“みうみま対決”に。黄金世代の2人の対決がトップ12決勝で実現することとなった。

>>早田ひなインタビュー “黄金世代”から見た「今、日本の卓球が強いワケ」

詳細スコア


写真:石川佳純(全農)/撮影:ラリーズ編集部

石川佳純 2-4 〇平野美宇
10-12/13-11/7-11/7-11/11-3/9-11

>>3度目の五輪目指す石川佳純 強さの源は“プロ意識”にあり!?

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
16915 pt
2
許キン(中国)
16475 pt
3
馬龍 (中国)
15975 pt
1
張本智和(日本)
12615 pt
2
丹羽孝希(日本)
9420 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.01.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16565 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
14720 pt
1
伊藤美誠(日本)
14720 pt
2
石川佳純(日本)
10950 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US