丹羽孝希、青森山田OB対決を制す 決勝は張本智和と<ジャパントップ12> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会)
2019年12月21日~2019年12月22日・仙台
2019.12.22

丹羽孝希、青森山田OB対決を制す 決勝は張本智和と<ジャパントップ12>

写真:丹羽孝希(スヴェンソン)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12 SENDAI(兼2020世界卓球日本代表最終選考会) 2019年12月21日~12月22日>

22日、LIONカップ第24回卓球ジャパントップ12、第2ステージの男子シングルス準決勝が行われた。丹羽孝希(スヴェンソン)が森薗政崇(BOBSON)をゲームカウント4-2で下し、決勝進出を決めた。

本日の第2ステージ、第1試合では張本智和(木下グループ)が神巧也T.T彩たま)を破り、すでに決勝へ駒を進めている。

>>森薗政崇インタビュー 「恐怖のオヤジ」1日7時間の練習…「俺は卓球マシーンか!」

丹羽と森薗の青森山田高OBサウスポー対決


写真:丹羽孝希/撮影:ラリーズ編集部

丹羽と森薗はともに青森山田中高から明治大学と同じ経歴を辿ってきた日本を代表するサウスポーだ。1学年上の丹羽とともに森薗も中高大と同じチームでともに戦ってきた。前日の試合後、森薗は「1年間五輪選考レースを戦って、代表を勝ち取って、どれだけ卓球が変わっているのか楽しみ」と丹羽との戦いを心待ちにしている様子だった。


写真:森薗政崇/撮影:ラリーズ編集部

前日の世界卓球最終選考会で3試合を戦い抜いた森薗は、左ひざにサポーターをして登場。「このところ動きのパフォーマンスがよくなかった。そこで今大会前にインソールの調整師さんと相談して、体へのリスクは大きいけれども、パフォーマンスを最大限発揮できる靴底に調整した。自分のイメージした通りに動けていたが、その分膝に負担がきた」と前日に世界卓球代表を勝ち取るためにリスクを取った反動が来ていたことを試合後に明かした。

試合は序盤、丹羽ペースで進み、1,2ゲーム目を丹羽が連取する。対する森薗も「サーブを縦回転系にしてレシーブを限定させた」と巧みな戦術転換で2ゲームを取り返し、ゲームは振り出しに。

ただ、5ゲーム目は「慣れられるかもしれないと思った」と再び横回転系のサーブの展開を増やした森薗だったが、丹羽に主導権を握られ、丹羽がリードする。丹羽のサーブに対するレシーブにも森薗は苦しみ、最後も森薗のチキータがオーバーミス。ゲームカウント4-2で丹羽に軍配が上がった。

この結果、男子シングルス決勝は、東京五輪シングルス代表の張本と丹羽の対決が決まった。

>>森薗政崇 エース水谷との激闘で挙げた64年ぶりの快挙 そして「ゾーン体験」 

詳細スコア


写真:試合後、ファンのサインに応じる森薗政崇/撮影:ラリーズ編集部

〇丹羽孝希 4-2 森薗政崇
11-5/11-4/9-11/8-11/11-3/11-7

>>2年前のトラウマを超えて。卓球森薗・大島ペア、「卓球の閃き」とは 

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
許キン(中国)
17260 pt
2
樊振東(中国)
16915 pt
3
馬龍 (中国)
16335 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9270 pt
女子ランキング
2020.03.30
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17015 pt
2
孫穎莎 (中国)
15460 pt
3
伊藤美誠(日本)
15080 pt
1
伊藤美誠(日本)
15080 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US