"超異質戦型"原田杏菜(豊田自動織機)、5戦5勝 日本リーグでルーキー躍動 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:原田杏菜(豊田自動織機)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 “超異質戦型”原田杏菜(豊田自動織機)、5戦5勝 日本リーグでルーキー躍動

2020.11.12 文:ラリーズ編集部

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日~11月15日 熊本県立総合体育館>

12日、2020年度後期日本卓球リーグ2日目は、大会初日に引き続き男女2部の試合が行われている。前期日本卓球リーグを含む実業団の今シーズンの大会は、新型コロナウイルスの影響で中止が相次いでいたため、各チームの新人選手は今大会がデビュー戦となった。

>>“戸上世代”松岡優人(協和発酵バイオ)ら新戦力が台頭<後期日本卓球リーグ男子2部>

超異質戦型 豊田自動織機の新人・原田は全勝

女子2部では、豊田自動織機の原田杏菜(桜丘高校→豊田自動織機)が、5戦5勝と新人ながら大車輪の活躍を見せている。


写真:フォアの表ソフトが光った原田杏菜(豊田自動織機)/撮影:ラリーズ編集部

関優花(朝日大学)との試合後、原田は「自分は新人なので、どの選手に対しても向かっていく気持ちはあった。でもやっぱり緊張と焦りが出た。その中で勝てたのは良かったなと思います」と胸をなでおろした。


写真:原田杏菜(豊田自動織機)/撮影:ラリーズ編集部

今大会を通して、5戦5勝と好調ぶりを発揮しているが「1試合目は、緊張で何も入らない状態でした。でも団体戦が好きなので、みんなで勝ちにいこうと思い、だんだん慣れていきました」と振り返った。

また、原田は両面表ソフトと“超異質”な戦型をしており、緊張は大敵だという。「力が入るとあまり(打球が)入らなくなってしまうので、自分がどれだけ力抜いて気楽にやれるかが大事です」とポイントを語った。


写真:原田杏菜(豊田自動織機)/撮影:ラリーズ編集部

チームは3勝0敗2分と無敗をキープしており、「だいぶ慣れてきて、調子も上がってきている。ラスト1試合も頑張って勝ちたいと思います」と13日の最後の1試合に向け意気込んだ。

日本卓球リーグ2部女子新人選手


写真:松澤帆乃果(百十四銀行)/撮影:ラリーズ編集部

船本さくら(愛知工業大学→豊田自動織機)
原田杏菜(桜丘高校→豊田自動織機)
高原小麦(日本大学→JR北海道)
岩本結菜(朝日大学→百十四銀行)
松澤帆乃香(淑徳大学→百十四銀行)
浦珠希(長﨑女子商業高校→オークワ)
三島日菜之(遊学館高校→オークワ)


写真:リーグ1勝目をあげた高原小麦(JR北海道)/撮影:ラリーズ編集部

高原小麦の大学時代の試合動画

【2日目】男子2部 3試合目

〇協和発酵バイオ 3–1 熊本県選抜

〇千葉悠平 3-0 小松直輝
〇松岡優人 3-0 濵田佳基
〇亀石翔吾 3-0 寺本幸生
窄口飛翔 1-3 〇早尻峻矢

〇クローバー歯科カスピッズ 3–1 JR北海道

田添響 3-1 長門幹
〇松下大星 3-2 水谷良紀
藤本海統 2-3 〇宝利貴也
〇江藤慧 3-1 能戸大夢

朝日大学 2–2 関西卓球アカデミー

佐藤桂輔 0-3 〇坂根将大
〇増本時祥 3-1 水内大介
〇馬渡元樹 3-0 各務博志
刘念 1-3 〇金森翼

琉球レオフォルテ 2–2 豊田自動織機

〇花木誠弥 3-1 二木啓太
熊田智幸 2-3 〇仲田貴亮
〇伊志嶺鷹啓 3-1 渡邉朋之
渡部将史 0-3 〇岡田聖世

【2日目】男子2部 4試合目

関西卓球アカデミー 2–2 熊本県選抜

○坂根将大 3-0 早尻峻矢
田中智大 0-3 寺本幸生○
各務博志 1-3 濵田佳基○
○金森翼 3-0 小松直輝

信号器材 2–2 朝日大学

〇厚谷武志 3-0 刘念
〇福田修也 3-2 増本時祥
北原大輝 1-3 〇佐藤桂輔
北村祐馬 1-3 〇馬渡元樹

トヨタ自動車 2–2 協和発酵バイオ

南里和輝 0-3 〇千葉悠平
〇北口大輔 3-0 窄口飛翔
畑直希 2-3 〇松岡優人
〇山本駿介 3-0 亀石翔吾

【2日目】女子2部 3試合目

神戸松蔭女子学院大学 1–3 〇朝日大学

鶴岡菜月 1-3 松永美咲○
鈴木理彩 2-3 坂本詩織○
秋山有紀 2-3 岩田明峰○
○枝廣瞳 3-0 関優花

〇オークワ 4–0 熊本県選抜

〇内田友季子 3-0 渡邉美紗
〇清家綾乃 3-1 吉松寿莉
〇浦珠希 3-2 山本みなみ
〇三島日菜之 3-0 福田美咲

【2日目】女子2部 4試合目

〇百十四銀行 3–1 熊本県選抜

谷本史奈 2-3 〇先田萌乃
〇松澤帆乃果 3-0 青木実々
〇松本さゆり 3-2 佐藤瑠衣
〇横山有沙 3-1 坂﨑涼帆

豊田自動織機 2–2 朝日大学

田中千秋 2-3 〇岩田明峰
稲吉紗英 1-3 〇坂本詩織
〇原田杏菜 3-1 関優花
〇佐藤風薫 3-2 松永美咲

〇神戸松蔭女子学院大学 3–1 JR北海道

多武玲帆 0-3 〇高原小麦
〇枝廣瞳 3-0 三橋愛可
〇鶴岡菜月 3-2 三和明日美
〇厚地うらら 3-1 杉渕栞

>>「これが大学最後の団体戦」朝日大学、男女ともに実業団相手に真っ向勝負

男子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
樊振東(中国)
11094 pt
2
許キン(中国)
10356 pt
3
馬龍(中国)
10212 pt
1
張本智和(日本)
8534 pt
2
丹羽孝希(日本)
5666 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.04.06
世界
日本
1
陳夢(中国)
11850 pt
2
伊藤美誠(日本)
10498 pt
3
孫穎莎(中国)
9840 pt
1
伊藤美誠(日本)
10498 pt
2
石川佳純(日本)
6750 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt