御内、値千金の勝利でチームを救う  白熱のリコー戦 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:御内健太郎(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 御内、値千金の勝利でチームを救う  白熱のリコー戦

2020.11.13 文:ラリーズ編集部

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日~11月15日 熊本県立総合体育館>

13日、2020年度後期日本卓球リーグは大会3日目を迎え、男子1部のチームが登場した。

第二試合では、2019年度後期大会4位のリコーと同6位のシチズン時計が対戦し、白熱の試合を展開した結果、マッチカウント2-2で引き分けとなった。

御内のカット、鹿屋の強打を阻む

マッチカウント2-1で回ってきた4番は、迫力十分のぶつかり合いとなった、鹿屋良平(リコー)と御内健太郎(シチズン時計)の対戦。豪打の鹿屋のドライブをカットでしのぎながら、得意の攻撃で得点を重ねた御内に軍配が上がった。

御内健太郎
写真:御内健太郎(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

自らの1勝でチームを2-2の引き分けに持ち込んだ御内は「1戦目0-4で負けていて、僕や笠原が負けるとチームが負けるという思いがあったので”勝たないと”という気持ちが強かった。サーブ、レシーブの前にどうしようかなって最後まで考えていた試合でした」と、激戦を振り返った。

鹿屋良平
写真:随所に鋭い強打を見せながら惜しくも破れた鹿屋良平(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

笠原弘光「とにかく勝たないと」

1戦目の協和キリン戦では硴塚将人(協和キリン)に破れた笠原弘光(シチズン時計)は、今回の2戦目は郡山北斗(リコー)に3-0で勝利した。
「1戦目は内容が悪く、負けるべくして負けた感じでした。2試合目は用具を変えて挑みましたが、まだあまり噛み合ってない。でも今回はその中で頑張っていくしかない。とにかく勝たないといけないので、明日から頑張ります」と奮起を誓った。


写真:笠原弘光(シチズン時計)/撮影:ラリーズ編集部

リコー工藤監督「まだ5回ある」

引き分けの多くなる4シングルス形式で上位を狙うには、勝ち試合を一つでも増やすことが重要となる。
1戦目の日鉄物流ブレイザーズを1-3で落としているリコーにとっては、痛い引き分けとなった。

「今日は最低1勝したかったところ。でも若手の高取の初勝利など良い材料も出てきている。まだ5回ありますから」工藤監督(リコー)は、14日からの巻き返しを誓った。

工藤一寛監督(リコー)
写真:工藤一寛監督(リコー)/撮影:ラリーズ編集部

【3日目】男子1部 2試合目

○東京アート 4-0 日野自動車キングフィッシャーズ

吉村和弘 3-0 大野泰士
高木和卓 3-1 船本将志
○吉田海偉 3-0 平野晃生
○坪井勇磨 3-0 村井桂

○協和キリン 4-0 日鉄物流ブレイザーズ

平野友樹 3-0 松下海輝
○渡辺裕介 3-1 定松祐輔
○硴塚将人 3-0 藤村友也
松平賢二 3-1 田添健汰

リコー 2-2 シチズン時計

有延大夢 3-1 三部航平
○山本勝也 3-1 酒井明日翔
郡山北斗 0-3 笠原弘光○
鹿屋良平 1-3 御内健太郎○

○愛知工業大学 3-1 原田鋼業

松山祐季 3-0 神京夏
○髙見真己 3-1 中村廉
中村光人 2-3 中林滉貴○
木造勇人 3-0 下山優樹

特集・リコー

リコー卓球部
写真:リコー卓球部/撮影:ラリーズ編集部

>>【特集】モットーは「仕事と卓球の両立」 リコー卓球部

>>30歳で新天地移籍 笠原弘光「まだトゲがなくなったとは思わない」

男子ランキング
2021.02.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.02.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt