協和キリン、チーム一丸で優勝達成 主将・松平賢二は試合後男泣き | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:優勝した協和キリンメンバー/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 協和キリン、チーム一丸で優勝達成 主将・松平賢二は試合後男泣き

2020.11.15 文:ラリーズ編集部

<2020年度後期日本卓球リーグ熊本大会 2020年11月11日~11月15日 熊本県立総合体育館>

15日、後期日本卓球リーグ熊本大会は最終日を迎え、男子1部では第7試合が行われ、協和キリンがリコーにマッチカウント3-1で勝利した。

この結果、協和キリンは5勝0敗2分となり、2017年後期以来の優勝を飾った。2位は東京アート、3位は愛知工業大学、4位は日鉄物流ブレイザーズとなり、1~4位の4チームが年間王者を決めるJTTLファイナル4に進出する。

>>協和キリン、新たな歴史の第1歩 主将・松平「歴代の先輩に感謝」

協和キリンがリコー下しV

試合前、協和キリン、東京アート、愛知工業大学が4勝0敗2分で並んでおり、協和キリンは最終リコー戦に勝利すれば優勝が決まる状況だった。協和キリンは、1番の硴塚将人、2番の松平賢二が連勝し、勝利に王手をかけるも、ここまで好調だった3番渡辺裕介が敗れてしまう。


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

勝負を託された4番シングルスの平野友樹が、有延大夢(リコー)との乱打戦を制し、チームを優勝に導いた。

2017年後期以来の栄冠に主将の松平は、試合後、声を詰まらせ涙を流した。


写真:松平賢二(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

協和キリン、チーム一丸の優勝

優勝を決める勝利をあげた平野だが大会前は不安が多かったという。

「自分の悪い癖で、悪いところばかりを見てしまう。チームのここを改善した方がいいのではなどを気にしてしまい、これで勝てるのかと本当に心配で(大会がない期間の)練習の間もがいていた。ある程度楽しむことを目標にはしていたんですけど、正直自分はずっと苦しかったです」。

その中でも優勝を成し遂げ、「自分の中で、自分はエースという気持ちは忘れずに、自分が勝たないとチームが負けるという思いでやってきたので嬉しいですね」と喜びを語った。


写真:平野友樹(協和キリン)/撮影:ラリーズ編集部

また、協和キリンはベンチメンバーとして後藤卓也、岩渕幸洋がサポートをしていた。

後藤は「今回は出場機会はなかったんですけど、団体戦としては卓球始めてから全国優勝が初めてだったので、すごく嬉しいです」とコメント。


写真:硴塚将人(写真左)にアドバイスを送る後藤卓也(写真右)/撮影:ラリーズ編集部

岩渕は「良いチームだねと言われるチームになってきてた。でも勝てなきゃ本当に良いチームになれないと頑張ってきた中で、内容も結果も良いチームになれて、本当に良かった」と涙を浮かべた。


写真:協和キリンメンバー/撮影:ラリーズ編集部

東京アートは惜しくも2位


写真:坪井勇磨にアドバイスを送る大森監督(東京アート)/撮影:ラリーズ編集部

一方、4勝0敗3分と無敗ながらも2位となった東京アートの大森隆弘監督は「力は出せたのかなと思います。協和さんが強かったので、素直におめでとうと言いたい」と称賛するとともに、「今回、一人怪我で出られなかったこともあり、ファイナル4までには立て直して、ベストメンバーで挑みたいと思います」と前を向いた。

男子1部 7試合目

東京アート 2–2 愛知工業大学

吉田海偉 2-3 〇木造勇人
高木和卓 3-0 田中佑汰
吉村和弘 3-1 松山祐季
上江洲光志 0-3 〇髙見真己

日鉄物流ブレイザーズ 2–2 シチズン時計

松下海輝 0-3 〇上村慶哉
定松祐輔 0-3 〇笠原弘光
田添健汰 3-1 酒井明日翔
〇藤村友也 3-1 御内健太郎

日野自動車キングフィッシャーズ 2–2 原田鋼業

船本将志 2-3 〇中村廉
〇皆川朝 3-1 横山輝
〇岩崎栄光 3-0 松浦佑紀
平野晃生 2-3 〇中林滉貴

〇協和キリン 3–1 リコー

〇硴塚将人 3-2 山本勝也
〇松平賢二 3-0 高取侑史
渡辺裕介 0-3 〇郡山北斗
〇平野友樹 3-0 有延大夢

男子1部最終順位

1位 協和キリン:5勝0敗2分
2位 東京アート:4勝0敗3分
3位 愛知工業大学:4勝0敗3分
4位 日鉄物流ブレイザーズ:3勝2敗2分
5位 シチズン時計:2勝2敗3分
6位 リコー:1勝4敗2分
7位 日野自動車キングフィッシャーズ:0勝5敗2分
8位 原田鋼業:0勝6敗1分

【動画】協和キリンの高校卓球解説



男子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.12.02
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt