"MVP左腕"成本綾海、先輩石川佳純下す金星「チャンスと思って思い切りやった」 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:石川佳純を下した成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

国内大会 “MVP左腕”成本綾海、先輩石川佳純下す金星「チャンスと思って思い切りやった」

2020.12.12 文:ラリーズ編集部

<2020年度日本卓球リーグプレーオフ JTTLファイナル4 2020年12月12日~13日>

日本卓球リーグの年間総合優勝チームを決めるファイナル4が、エフピコアリーナふくやま(福山市総合体育館)で開幕した。

12日午前に行われた女子準決勝では、後期1位の中国電力が昭和電工マテリアルズ(後期4位)にマッチカウント3-0で勝利した。中国電力は3番シングルスの成本綾海(なるもとあやみ)が、昭和電工マテリアルズのゴールド選手として参戦した石川佳純を下す活躍を見せた。

>>戦型多彩で個性も豊か 昨季1位の中国電力

成本綾海、先輩石川佳純越え

昭和電工マテリアルズにはゴールド選手として、東京五輪代表の石川佳純(全農)がメンバー入り。外国籍選手及びゴールド選手は1回しか出場できないルールのため、3番シングルスのみでの起用となった。


写真:昭和電工マテリアルズのゴールド選手としてプレーした石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

同じサウスポーの成本が、石川と対峙した。成本は、バックの表ソフトの変化と王子サーブを武器に、後期日本リーグで7戦全勝。チームの1位に貢献し、最高殊勲選手賞(MVP)を受賞した。石川と同じ四天王寺高校出身で、同志社大学では全日学優勝、社会人になってからも世界選手権選考会で長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)を下す力を持つ実力派左腕だ。

試合は、石川優勢の下馬評を覆し、成本がゲームカウント3-2で勝利。チームの決勝進出を決めた。


写真:成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

「チャンスだなと思って思い切りやりました」

試合後、成本は、挑戦者の気持ちで向かって行けたことを明かした。「石川さんとのオーダーが決まった瞬間に、プレッシャーが“勝たないといけない”から“勝てたらいいな”くらいになった。(高校の)先輩で五輪選手。こんなすごい人と試合ができる機会はほとんどない。チャンスだなと思って思い切りやりました」。


写真:成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

石川とは、自身が同志社大4年のときの全日本選手権で対戦し、ゲームカウント2-4で敗れて以来の対戦だったというが、物怖じせず冷静にポイントを重ねた。中国電力の和田圭輔コーチも「成本は、練習量は一番ですし向上心も一番強い選手なので、こういう大舞台で戦って勝つことができたと思います」と大絶賛する。


写真:中国電力ベンチ/撮影:ラリーズ編集部

「普通にやったら勝てないと思ったので、今自分が練習していること思い切って試しながら戦った。ちょっと攻めながらも自分で無理して決めに行かないように気をつけました。逆に変なボールが出て、石川さんが崩れてくれたかな」と成本は勝因を振り返った。

格上相手の対戦では、ハイリスクな攻めで自滅する選手がよくいるが、成本は冷静に戦況を見極めた。効いている自分のサービスからは積極的に攻め、レシーブではストップやツッツキで上手く散らし、バック表の変化も加えることで石川のミスを誘った。


写真:石川を苦しめた成本の王子サーブ/撮影:ラリーズ編集部

13日の決勝戦では、昨年と同じく十六銀行と対戦する。

成本は「今日一日朝起きた瞬間から緊張してたので、それも良かったのかな。油断せずにずっと緊張してようと思います(笑)」と笑顔を見せた。


写真:勝利した成本綾海(中国電力)/撮影:ラリーズ編集部

>>女子は中国電力がV 成本綾海がMVP<後期日本卓球リーグ1部>

中国電力 3-0 昭和電工マテリアルズ


写真:ゴールド選手の石川佳純/撮影:ラリーズ編集部

〇土`田美佳 3-2 田口瑛美子
11-6/5-11/11-4/7-11/11-8

〇庄司有貴 3-0 鈴木李茄
11-9/11-8/11-4

〇成本綾海 3-2 石川佳純
13-11/7-11/11-9/8-11/11-9

>>今年度限りで引退の中国電力・土`田「私らしく楽しくやることが恩返し」

男子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
樊振東(中国)
18490 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
17020 pt
1
張本智和(日本)
12990 pt
2
丹羽孝希(日本)
9435 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2021.01.28
世界
日本
1
陳夢 (中国)
19750 pt
2
孫穎莎 (中国)
16400 pt
3
伊藤美誠(日本)
15830 pt
1
伊藤美誠(日本)
15830 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10695 pt