男子は関学大・天野、女子は同志社大・本井が2冠達成<関西学生卓球新人大会> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

写真:左から天野一樹(関西学院大)、本井明梨(同志社大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

大会報道 男子は関学大・天野、女子は同志社大・本井が2冠達成<関西学生卓球新人大会>

2021.04.20 文:ラリーズ編集部

<関西学生卓球新人大会 4月11日、17、18日・いきいきランド交野、向日市民体育館>

4月の11日、17日、18日の3日間を使って関西学生卓球新人大会が行われた。男子団体で関西学院大学Aが、女子団体で同志社大学Aが優勝を飾った。男子シングルスでは天野一樹(関西学院大)、女子シングルスでは本井明梨(同志社大)が大学生になって初のタイトル獲得となり、それぞれ団体とシングルスの2冠を達成した。

男子団体決勝は関学の同士討ちに


写真:新人戦男子団体優勝の関西学院大A/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

男子団体決勝は、関西学院大Aと関西学院大Bによる同士討ちとなった。関西学院大Aは準決勝で大阪経済法科大Aに3-1で、関西学院大Bは近畿大Bに3-0でそれぞれ勝利し、決勝の舞台に進んだ。

トップで天野(関西学院大A)が藤木大輔(関西学院大B)とフルゲームに及ぶ熱戦を制すと、2番手の芝優人(関西学院大A)が中田裕太(関西学院大B)に、3番手の三浦竜磨(関西学院大A)が井上湧太(関西学院大B)にそれぞれ3-1で勝利し、関西学院大Aがストレートで勝利した。

関西学院大が男子団体で優勝するのは59回大会以来4年ぶりである。ベスト4には大阪経済法科大学Aと近畿大学Bが入った。

女子団体決勝は同志社大Aが制す


写真:新人戦女子団体優勝の同志社大A/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

女子団体決勝は同志社大Aと立命館大の対戦となった。同志社大Aは準決勝で神戸松蔭女子学院大に3-0、立命館大は京都産業大Aに3-1でそれぞれ勝利して決勝に挑んだ。

トップは立命館大側の棄権により同志社大Aが不戦勝となった。2番手で本井が山本愛織(立命館大)に3-1で勝利すると、3番手で原田夏鈴(同志社大)も河野凪紗(立命館大)に3-1で勝利し、同志社大Aが3-0で優勝した。

同志社大もまた、59回大会ぶりの優勝となった。ベスト4には神戸松蔭女子学院大学と京都産業大Aが入った。

男子シングルスでは関学ルーキー、天野が躍動


写真:新人戦男子シングルス優勝の天野一樹(関西学院大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

男子シングルス決勝は、全国常連の遊学館から関西学院大に進んだ天野と、関西の強豪・上宮高校から立命館大に進んだ左腕の西逸斗の対戦となった。天野は準決勝で山本護大(立命館大)に2ゲームを先取されるも3ゲーム以降を着実に取り、3-2で制して決勝に進んだ。対する西も準決勝で三浦竜磨(関西学院大)とのフルゲームの熱戦を制し、決勝まで上がってきた。

1ゲーム目を西が奪うも、2度のデュースを天野が制して4ゲーム目へ。天野が着実に点を積み重ね、11-4で4ゲーム目を取り、ゲームカウント3-1で優勝を飾った。試合後には安堵と喜びの表情を浮かべた。


写真:西逸斗(立命館大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

女子シングルス決勝は団体と同じ対戦カードに


写真:新人戦女子シングルス優勝の本井明梨(同志社大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

女子シングルス決勝は、女子団体決勝の2番と同じ本井と山本の対戦となった。本井は準決勝で野上つぼみ(同志社大)との同士討ちを3-1で制し、決勝に進んできた。対する山本は準決勝で木塚陽菜(神戸松蔭女子学院大)との接戦を制して決勝の舞台に上がった。

1ゲーム目のデュースを山本が制すも、2ゲーム以降は本井のペースで試合が進み、ゲームカウント3-1で本井が再び勝利。女子団体と女子シングルスの2冠を達成した。


写真:山本愛織(立命館大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

男子団体結果


写真:新人戦男子団体準優勝の関西学院大学B/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

1位:関西学院大学A
2位:関西学院大学B
3位:大阪経済法科大学A、近畿大学B

女子団体結果


写真:新人戦女子団体準優勝の立命館大/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

1位:同志社大学A
2位:立命館大学
3位:神戸松蔭女子学院大学、京都産業大学A

男子シングルス結果


写真:左から西逸斗(立命館大)、天野一樹(関学大)、山本護大(立命館大)、三浦竜磨(関学大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也


写真:天野一樹(関西学院大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

1位:天野一樹(関西学院大)
2位:西逸斗(立命館大)
3位:山本護大(立命館大)、三浦竜磨(関西学院大)

女子シングルス結果


写真:左から山本愛織(立命館大)、本井明梨(同志社大)、野上つぼみ(同志社大)、木塚陽菜(神戸松蔭女子学院大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也


写真:本井明梨(同志社大)/提供:MAS情報サービス/馬渡卓也

1位:本井明梨(同志社大)
2位:山本愛織(立命館大)
3位:木塚陽菜(神戸松蔭女子学院大)、野上つぼみ(同志社大)

※写真については、新型コロナウイルス感染症対策として撮影直前までマスクを着用、会話を控えてからマスクを外して撮影

関連記事

>>関西の大学に進学した注目ルーキー・2021年4月男子編はこちら!

関連動画

男子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
樊振東(中国)
12494 pt
2
馬龍(中国)
12212 pt
3
許昕(中国)
10356 pt
1
張本智和(日本)
8709 pt
2
丹羽孝希(日本)
5841 pt
3
水谷隼(日本)
5482 pt
女子ランキング
2021.10.12
世界
日本
1
陳夢(中国)
13850 pt
2
孫頴莎(中国)
11240 pt
3
伊藤美誠(日本)
11198 pt
1
伊藤美誠(日本)
11198 pt
2
石川佳純(日本)
7100 pt
3
平野美宇(日本)
6507 pt