【卓球】シチズン、リコーが初の決勝進出 <内閣総理大臣杯 日本リーグプレーオフ2018男子> 


*写真はシチズン時計を日本リーグファイナル4初の決勝に導いた神巧也/撮影:ラリーズ編集部

<内閣総理大臣杯 日本卓球リーグプレーオフ2018・JTTLファイナル4 2018年12月1日~2日 高崎アリーナ>

1日、卓球実業団チームの年間王者を決める日本卓球リーグプレーオフ・JTTLファイナル4の初日が群馬・高崎アリーナで開催され、男子はシチズン時計とリコーの2チームが初の決勝進出を果たした。

12年目を迎えた本大会は昨年まで男子は11年連続で協和発酵キリンと東京アートが決勝に進出していたが、その均衡が破られた形だ。

シチズン時計は初戦のリコー戦でムードメーカーの神巧也が1番で先勝すると、3番でダブルスの町飛鳥・上村慶哉ペアも快勝し王手をかける。続く4番の上村慶哉は、ダブルス勝利の勢いそのままに、早稲田大の先輩にあたる山本勝也との対戦も、2ゲーム連続となるデュースの接戦を制して勝利。チームの決勝進出を早々に決めた。

初戦で敗れたリコーは、準決勝で東京アートと対戦。有延大夢と鹿屋良平の2枚看板が単複で3本を獲り、決勝進出を決めた。Tリーグ参戦で腕を磨く有延は、シチズン戦では町飛鳥を、東京アート戦では元日本王者の吉田海偉を破る活躍を見せた。また鹿屋は4番シングルスでゲームオールジュースの接戦を制し、勝負どころで仕事をした。

2日13時からの決勝はシチズンとリコーの再戦となるが、どちらが初優勝を手にするのか。激しい打撃戦必至の好カードから目が離せない。

日本卓球リーグプレーオフ・JTTLファイナル4初日男子の結果

シチズン時計 3-1 リコー(男子トーナメントA)

◯神巧也 3-0 池田忠功
11-6/11-8/11-8

町飛鳥 1-3 ◯有延大夢
4-11/8-11/11-4/8-11

◯町飛鳥/上村慶哉 2-1 鹿屋良平/有延大夢
11-3/6-11/11-6

◯上村慶哉 3-0 山本勝也
11-5/12-10/14-12

御内健太郎-鹿屋良平

東京アート 3-1 協和発酵キリン(男子トーナメントB)

◯大矢英俊 3-2 平野友樹
5-11/10-12/11-9/11-3/12-10

◯吉田海偉 3-1 後藤卓也
11-9/11-9/5-11/11-4

高木和卓/上江洲光志 1-2 ◯松平賢二/平野友樹
11-8/6-11/8-11

◯村松雄斗 3-1 笠原弘光
11-5/11-13/11-3/11-9

高木和卓 松平賢二

リコー 3-1 東京アート(男子準決勝)

◯有延大夢 3-1 吉田海偉
11-4/11-7/9-11/11-8

山本勝也 1-3 ◯大矢英俊
5-11/11-9/7-11/7-11

◯鹿屋良平/有延大夢 2-1 高木和卓/上江洲光志
11-3/4-11/11-9

◯鹿屋良平 3-2 高木和卓
11-9/15-17/13-11/8-11/12-10

池田忠功-村松雄斗

文:ラリーズ編集部

関連リンク

この記事のURLとタイトルをコピーする
前の記事へ
次の記事へ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
Twitter で フォローする