【卓球・トップ12】会場大熱狂の対決は水谷が丹羽に勝利し決勝進出 | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会(兼 2019年世界卓球選手権日本代表選考会)
2019.3.2〜2019.3.3・仙台
2019.03.03

【卓球・トップ12】会場大熱狂の対決は水谷が丹羽に勝利し決勝進出

写真:水谷隼(木下グループ)/撮影:ラリーズ編集部

<LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会 3月3日 カメイアリーナ仙台>

水谷が丹羽とのサウスポー対決に勝利

3日、LIONカップ第23回ジャパントップ12卓球大会の準決勝で、世界ランキング9位・丹羽孝希(スヴェンソン)と10位・水谷隼(木下グループ)の天才左腕対決が実現した。1月の全日本選手権の準々決勝では、水谷が4-0で勝利を収めている。

第1ゲーム、序盤は丹羽が得意の高速ラリーを見せ、7-3とリードする。しかし水谷がじわじわと追い上げ、11-9で大事な第1ゲームを取る。

第2ゲームでは、水谷相手にこれ以上離されたくない丹羽が、ラリーで積極的にストレートコースを突き、優位に進める。時折見せる鋭いフリック(ボールを払うようにして弾き打つ攻撃的な台上技術)も効果的で、このゲームを奪い返し試合は1-1の振り出しへ。

第3ゲーム、丹羽が会場を沸かせる回り込みスーパーカウンターを見せたかと思えば、第4ゲームでは、水谷が丹羽のお株を奪う高速カウンターで会場を沸かせる。1ゲームずつを取り合い、ゲームカウントは2-2となった。

第5ゲーム、水谷の1本多く返球する粘りに対して、打点の早い丹羽の攻めにミスが目立つ。11-5でこのゲームは水谷が奪取した。第6ゲームの2-1の場面、サウスポー同士の長い引き合い(台から離れた場所からドライブ対ドライブで打ち合うこと)を丹羽が制し、会場も大盛り上がり。しかし、そこからミスのない落ち着いた攻めで水谷が制し、ゲームカウント4-2で決勝進出を決めた。

勝利した水谷は、決勝で張本智和(JOCエリートアカデミー)対吉村和弘(愛知工業大学)の勝者と対戦予定だ。

試合のスコア

丹羽孝希 2-4 〇水谷隼
9-11/11-9/11-3/5-11/5-11/7-11

関連記事はこちら

文:ラリーズ編集部
コメント
0
男子ランキング
2019.11.22
世界
日本
1
樊振東(中国)
16250 pt
2
許キン(中国)
16160 pt
3
林高遠 (中国)
14975 pt
1
張本智和(日本)
13465 pt
2
丹羽孝希(日本)
10840 pt
3
水谷隼(日本)
10195 pt
女子ランキング
2019.11.22
世界
日本
1
陳夢 (中国)
16965 pt
2
劉詩文 (中国)
15360 pt
3
孫穎莎 (中国)
14895 pt
1
伊藤美誠(日本)
13340 pt
2
石川佳純(日本)
11805 pt
3
平野美宇(日本)
11375 pt
SNS
FOLLOW US