【卓球】丹羽孝希が伊ブランド・アルマーニでショッピング 「初めに決めたことが一番正しい」見え隠れした丹羽の"哲学" | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)

*写真:丹羽孝希(琉球アスティーダ)/撮影:ラリーズ編集部

Tリーグ 【卓球】丹羽孝希が伊ブランド・アルマーニでショッピング 「初めに決めたことが一番正しい」見え隠れした丹羽の“哲学”

2018.12.17 文:ラリーズ編集部

8日、卓球Tリーグの琉球アスティーダは、2018-19シーズンのチームスポンサー契約をイタリアのファッションブランド「エンポリオ アルマーニ」と締結したことを発表した。このスポンサー契約では、所属選手への衣装提供、琉球アスティーダのホーム戦での「エンポリオ アルマーニ」ロゴ掲出など、幅広いサポートが行われるという。

従来の卓球のイメージを覆すために始まった異色のスポンサー契約。その活動の一環として某日、表参道にあるアルマーニカフェにて、丹羽孝希の取材が行われた。その取材に男性月刊誌「GOETHE(ゲーテ)」とラリーズ編集部が同行した。

まず、丹羽はアルマーニカフェ2Fにあるショップにてショッピング。試合でも感情の起伏を露わにせずプレーし、淡々としたイメージを持たれがちな丹羽であったが、この日の買い物はリラックスした表情を見せた。買い物した中で一番テンションが上ったものは何か問うと「スーツですね。あまり着ないもので…」と答えた。

丹羽孝希(琉球アスティーダ)

確かに、日本代表として海外に行く場合は基本的には日本代表のジャージを着る必要があるし、普段着る機会があまり多くはないのだろう。丹羽も「すごく気に入ったんですけど、これっていつ着たらいいんですかね?(笑)」と少し戸惑っていた様子だった。

丹羽は洋服やファッションについて聞かれると「実は大学に入って、一番最初に買ったハイブランドがアルマーニでした」とコメント。丹羽が自分で選んで買ったそうだ。

丹羽のプレーと言えば、稲妻が走るようなスピードのカウンターや、目にも留まらぬ速攻が挙げられることが多いが、この日のショッピングもまさに“即決”。この即決について質問すると、丹羽は「即決はどこでも同じですね。初めに決めたことが一番正しいと思ってるので。でもそれで失敗したときは落ち込みます。卓球でも、その他のことでも(笑)」と苦笑した。

丹羽孝希(琉球アスティーダ)

コート内でも、そして私生活でも己の哲学を貫く丹羽孝希。丹羽の今後がますます楽しみだ。

衣装協力:エンポリオ アルマーニ、撮影協力:エンポリオ アルマーニ カフェ青山

関連リンク

男子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.09.26
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt