水谷/伊藤ペア勝ち進めるか 今シーズン最終戦開幕<卓球・グランドファイナルダブルス見どころ> | 卓球メディア|Rallys(ラリーズ)
前の記事へ
次の記事へ
ITTFワールドツアーグランドファイナル
2019年12月12日~2019年12月15日・鄭州
2019.12.11

水谷/伊藤ペア勝ち進めるか 今シーズン最終戦開幕<卓球・グランドファイナルダブルス見どころ>

写真:2019オーストリアOPの水谷隼と伊藤美誠/提供:ittfworld

<ITTFワールドツアーグランドファイナル 2019年12月12日~12月15日>

今シーズンのワールドツアーを締めくくるグランドファイナルが12日に開幕する。今シーズンのワールドツアーで獲得したポイントが高い選手しか出場できないのが、グランドファイナル。今回はそんなグランドファイナルのダブルスの見どころを紹介する。

>>水谷隼、30代突入で極める“オトナの戦い方” 3つの敵を倒せ

日本選手女子ダブルス見どころ

組み合わせ

木原美悠/長﨑美柚 ー バラボラ・バラージョバー(スロバキア)/ハナ・マテロワ(チェコ)
平野美宇/芝田沙季 - 陳思羽(チェンズーユ)/鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)


写真:2019世界ジュニア選手権の木原美悠(写真右)と長﨑美柚(写真左)/提供:ittfworld

日本勢は、女子ダブルスに木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)ペアと平野美宇(日本生命)/芝田沙季(ミキハウス)ペアが出場する。

女子ダブルス世界ランキング1位の木原/長﨑ペアは、今大会第1シードとして出場する。今シーズンに入ってシニアの大会で結果を残してきた木原/長﨑ペア。ジャパンオープン、オーストラリアオープンベスト4、ドイツオープン準優勝、オーストリアオープン優勝、という成績は出場する8組の中では群を抜いている。11月末に行われた世界ジュニア選手権でも圧倒的な強さを見せ優勝したばかり。まさに、優勝候補の大本命だ。

木原/長﨑ペアは初戦で国際ペアと対戦する。グランドファイナル初出場の木原/長﨑ペアにとって、まずは初戦を突破することが目標となる。そして、実力を発揮して初優勝を勝ち取ることはできるか。


写真:2019チェコOPの平野美宇(写真左)と芝田沙季(写真右)/提供:ittfworld

平野/芝田ペアは初戦で陳思羽(チェンズーユ)/鄭先知(ジェンシェンチー・チャイニーズタイペイ)ペアと対戦する。ここ最近は石川佳純と組むことが多かった平野だが、平野/芝田ペアはチェコオープン準優勝と、確かな実力を持ったペアである。対戦相手の陳思羽/鄭先知ペアもオーストリアオープン準優勝と、一筋縄ではいかない相手だ。平野/芝田ペアにとっては、初戦を突破することが目標となるだろう。

混合ダブルス見どころ

組み合わせ

水谷隼/伊藤美誠 ー トリスタン・フロール/ローラ・ガスニエ(フランス)


写真:2019スウェーデンOPの水谷/伊藤ペア/提供:ittfworld

混合ダブルスに出場する水谷/伊藤ペアは第4シードで出場する。今シーズン途中から結成されたペアだが、ブルガリアオープン優勝、オーストラリアオープン、チェコオープン、スウェーデンオープンでは準優勝と、安定した強さを発揮し、好成績を残してきた。

初戦の相手はフランスのトリスタン・フロール/ローラ・ガスニエペア。世界ランキングでは水谷/伊藤ペアに分があるが、グランドファイナルに出場しているペアなだけに、決して油断はできない。東京五輪代表を目指すペアはどこまで勝ち進めるか。

>>水谷隼「実は1年間、球がほとんど見えない」深刻な目の症状を告白

その他の注目ペア


写真:2019チームワールドカップの鄭栄植(写真右)と李尚洙(写真左)/提供:ittfworld

男子ダブルスでは、韓国の鄭栄植(チョンヨンシク)/李尚洙(イサンス)ペアに注目だ。男子ダブルス世界ランキング1位で、11月のチームワールドカップ決勝の中国戦では梁靖崑(リャンジンクン)/許昕(シュシン)ペアに勝利し、世界を驚かせた。

初戦の相手は、チャイニーズタイペイのリョウ・シンテイ/林昀儒(リンインジュ)ペア。10代にして世界トップレベルの力を持つ林昀儒は鄭栄植/李尚洙ペアをどう攻略するのか。はたまた、鄭栄植/李尚洙ペアが実力を見せつける展開となるのか。要注目だ。


写真:2019オーストリアオープンの趙大成(写真左)と申裕斌(写真右)/提供:ittfworld

また、混合ダブルスに出場する同じく韓国の趙大成(チョデソン)/申裕斌(シェンユービン)ペアも見逃せない。共に10代の若いペアだが、オーストリアオープンではベスト4に入賞している。

また、申裕斌はチームワールドカップにも出場し、準決勝の日本戦では田志希(チョンジヒ)とのペアで平野/石川ペアを破っており、ダブルスが非常に上手い選手として知られている。初戦の相手は中国の許昕/劉詩雯(リュウスーウェン)ペア。難しい試合になるだろうが、初戦突破を目指す。

>>木原美悠 平成最後の全日本 “シンデレラガール”誕生の裏側

文:ラリーズ編集部

コメント
0
男子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
樊振東(中国)
17915 pt
2
許キン(中国)
17260 pt
3
馬龍 (中国)
15525 pt
1
張本智和(日本)
13245 pt
2
丹羽孝希(日本)
9570 pt
3
水谷隼(日本)
9045 pt
女子ランキング
2020.07.04
世界
日本
1
陳夢 (中国)
17915 pt
2
伊藤美誠(日本)
15440 pt
3
孫穎莎 (中国)
15165 pt
1
伊藤美誠(日本)
15440 pt
2
石川佳純(日本)
11100 pt
3
平野美宇(日本)
10815 pt
SNS
FOLLOW US